1. ホーム
  2. 暮らし
  3. 冬の山形暮らし
  4. 1. 山形は全国でも有数の豪雪県!

暮らし 暮らし

1. 山形は全国でも有数の豪雪県!

山形は全国でも有数の豪雪県!

山形県は日本百名山に数えられる秀麗な山々に囲まれ、母なる川「最上川」が流れる美しい自然に恵まれた地域です。
この自然は、時として猛威を振るい、生活に影響を及ぼします。 冬は積雪が多く、県内全域が「豪雪地帯」に指定され、そのうち特に積雪の多い26市町村が「特別豪雪地帯」に指定されている全国でも有数の豪雪県なのです。

地域によっても異なる雪事情

地域によっても異なる雪事情

降雪は地域により特徴があり、最上地域、置賜地域、北村山地域及び西村山地域、並びに庄内地域の山麓部では多量の降雪がみられますが、庄内地域の平野部、東南村山地域では、比較的降雪量が少なくなっています。
また、冬場に強風が吹く庄内平野などの地域では、地吹雪が発生することもあります。

積雪ってどんだけ~!!

昭和60年以降、暖冬傾向が続き、最大積雪量も平年を下回るなど雪が少なくなる傾向が続きましたが、 平成18年には全国各地で記録的な豪雪になり、県内でも観測史上最高の積雪量を記録。 また、平成23年、24年にも2年連続の豪雪となりました。

積雪グラフ

資料:気象庁観測データ(一部山形県観測データ含む。)

雪は大変でも雪があるから…

雪は大変でも雪があるから

雪は大変でも雪があるから

雪が降ると、生活では大変なこともたくさんありますが、蔵王山頂付近では世界的にも珍しい樹氷原を創り、スキーやスノーボードなど冬ならではのスポーツを楽しむことができ、河畔や山麓の冬景色を彩り、癒しや、やすらぎの風景を創り出します。そして山々に積もった雪は春の訪れとともに、雪解け水となり、最上川に注ぎ、自然豊かな山形の風土をかたち作り、その恩恵で美味しいお米やお酒、果物などを楽しむことができます。

ページトップへ

ページトップへ