1. ホーム
  2. 移住者の声
  3. 移住者体験談
  4. 奥村 隆一さん

移住者の声 移住者の声

移住者体験談

奥村 隆一さん/福岡県から朝日町へ移住

移住のきっかけ

奥村さんは福岡県の出身。東京で就職後、スキー旅行で訪れたことをきっかけに1989年ニュージーランドに移住を決意しました。以後22年間ニュージーランドで旅行関係の仕事に携わってきましたが、東日本大震災を機に帰国を決意。親戚が住む東北地方を中心に空き家バンクを検索しながら移住候補地を探し、各地の空き家や古民家を見てまわったところ、周囲の景色や景観、雰囲気、環境、空き家の状態から、一度の訪問で直感的に朝日町への移住を決めました。


海外を思わせる風景

住みたいと感じた朝日町の魅力をPR

「まず空き家の水回りの改修から始め、朝日町や山形県の空き家改修補助金を活用しました。加えて町から10万円の移住奨励金も支給してもらい、移住支援策の手厚さを感じました。今は旅行業の経験を活かし、町内で観光振興の仕事に就いています。自分が住みたいと思ったところに住み、その魅力をPRする生活に生き甲斐と満足を感じています。地区の方々とも楽しくお付き合いしています。ご近所から果物や野菜のおすそ分けがたくさんあり、美味しい生活を楽しんでいます。」


大沼例大祭

移住を希望される方へのアドバイス

「移住される年齢や状況で異なりますが、移住先の田舎と都会ではライフスタイルが異なります。例えばお祭りや行事への参加など、地域の活動にかける時間も必要になります。集落に溶け込みながら、自分の趣味ややりたいことを自分の気に入った家や庭、環境でゆっくりとやっていくのが本当のスローライフではないかなと思います。まずは、観光で山形を訪れ、その魅力を知っていただければと思います。」

ページトップへ

ページトップへ