1. ホーム
  2. 県・市町村
  3. 最上エリア
  4. 金山町

県・市町村/最上エリア 県・市町村/最上エリア

金山町(かねやままち)

金山町(かねやままち) 金山町

四季奏でるまち“金山”

金山町は、昭和57年に全国に先駆けて施行した情報公開制度「公文書公開条例」をはじめ、町民が誇りとする美しい景観保持・創造や地域産業の活性化を目的とした「風景と調和した街並み景観条例」を制定し、「街並みづくり100年運動」に取り組んでいます。
四季折々の美しい自然、先人が築いてきた歴史・文化の中で、次代を担う子供たちに「美しい自然・清い心の町金山」を継承していくため「誰もが住みたくなる町、住んでよかったと感じられる町」を目指します。

人口
5,043人(令和4年4月末現在)
世帯数
1,724世帯(令和4年4月末現在)
面積
161.67㎢

お問い合わせ先

金山町総合政策課 政策推進係

TEL:0233-52-2111(代) / FAX:0233-52-2004

seisaku@town.kaneyama.yamagata.jp

https://www.town.kaneyama.yamagata.jp/

金山町からのお知らせ

金山町はこんなところ

  • 街並み(景観)づくり100年運動

    町の3/4を占める森林からの金山杉と、白壁を用いた「美しく古びる」を目指した金山住宅、石造りの大堰とよばれる農業用水路に鯉を放流するなど、景観施策に意欲的に取り組んでいます。

  • グリーンバレー神室

    グリーンバレー神室は、ふるさとの散歩道。空の青、稜線の緑の調和がどこまでも続き、木漏れ日と新鮮な空気が森林浴の香りを漂わせてくれます。
    美しい緑と山並み、青空と小川のせせらぎを感じてください。冬はスキー場に。
    隣接する温泉施設ホットハウスカムロや滞在型ホテルシェーネスハイム金山でゆったりとお過ごしいただけます。

  • 大堰周辺ライトアップ

    ほのかにともる灯りが幻想的

住まいの支援

暮らしの支援

空き家バンク

町内の空き家・空き地所有者から依頼があった物件についての紹介のみを行っています。 空き家の状態、金額、契約等については、町が仲介を行うことはありません。 物件の持ち主もしくは管理者等と直接お取引を行っていただくこととなります。 物件の持ち主が個人の場合は、役場が連絡窓口とさせていただきます。

問い合わせ先 環境整備課管理係 電話0233-52-2111(内線272)
利用登録 登録は不要ですが、随時相談で対応させていただきます。
利用条件 金山町で定住又は将来の定住を見込み定期滞在し、地域住民として生活を希望する方。
現地案内 要相談
補助制度、移住者への特典など ・転入時住宅建築及び中古住宅(空き家含む)購入時における借入金利子補給事業
  町外転入者の金山住宅建築及び空き家を含む中古住宅購入時の借入資金利子の2分の1を補助
・景観助成金制度
  街並み形成基準に合致した住宅の新築で最大80万円の助成金
・住宅リフォーム総合制度
  県住宅リフォーム総合支援事業とタイアップしたもので、耐震、バリアフリー、県産材、克雪のほか、三世代同居、空き家活用等の用件工事を含むリフォーム工事を県内業者に請け負わせて行う場合、リフォーム費用の最大20%上限40万円を補助。町内業者の場合、さらに条件により最大60%上限100万円を補助。ただし、景観基準外の外観の場合は県補助のみ。
関連リンク

地域おこし協力隊

金山町では、地域のために活動する地域おこし協力隊員を積極的に受け入れています。

活動の様子は、下記のページをご覧ください。

金山町の地域おこし協力隊

【隊員】
写真の左から
地域おこし協力隊
鈴木朋広(すずきともひろ)
本間真生(ほんままさき)
集落支援員
栗田伸一(くりたしんいち)

地域おこし協力隊の募集

内水面漁業施設に事業の継承のため協力隊を募集しています!!

【募集期間】令和4年9月30日まで
・30年以上続く、イワナ、ヤマメの養殖技術をいわなや代表小沼四市さんから直接指導を受け継承します。
・川魚の養殖、加工、販売に関わる様々な技術、伝統、人脈を余すことなく指導します。
・山形県が開発した山奥でも刺身で食べることができるニジサクラの養殖にチャレンジし、3年後の商品化を目指します。
・町内の飲食店、ホテルと連携し、イワナ、ヤマメ、ニジサクラの独自・共通メニューを開発し町全体を活性化します。
・町中釣り堀の開設、各種マルシェへの参加、自主企画イベントの開催、新たな加工技術の開発など、自由な発想で事業展開します。
・社会福祉法人陽だまりが運営するセラピーファームめごたま(児童デイサービス・就労支援B型・生活介護等)に派遣職員として加わり、スタッフや障害のある利用児者さんと一緒に働き、みんなのサポートを受けながら、チームで仕事を進めていきます。
・セラピーファームめごたまが運営する町なか馬車ツアーなど豊富なホースアクティビティと連携しながら、新たなツーリズムを創造します。
・イワナ、ヤマメ、ニジサクラの養殖場近くに住居を用意しますので、職住近接で仕事に没頭できます。
・豊かな自然環境の中で働きますので、様々な野生生物(アブ、蜂、蛇、熊など)や厳しい天候(大雪・台風・大雨など)などによる、予測不能な危害や被害を受け入れ、自然と共生する感覚が必要となります。
★いわなや代表の小沼さんが活動について紹介しています。https://youtu.be/gYcES6bGbi0  YouTubeチャンネルに移行し、インタビューをご覧になれます。

詳しくは下記のページをご覧ください。

移住者の声

  • 東京都から移住/杉井範之さん・澄子さん夫妻

    東京都から移住

    杉井 範之さん・澄子さん夫妻

    金山町を仕事で訪れたのがきっかけ

    金山町に移住し、金山杉の木造住宅で山里の暮らしを満喫中。

ページトップへ

ページトップへ