1. ホーム
  2. 県・市町村
  3. 最上エリア
  4. 鮭川村

県・市町村/最上エリア 県・市町村/最上エリア

鮭川村(さけがわむら)

鮭川村(さけがわむら) 鮭川村

多世代と自然が織りなす”うるわしの里”さけがわ

鮭川村には都市では見られなくなった「そのままの自然」に溢れています。
そしてその姿を四季にあわせて様々な姿に変え、私たちの心を和ませてくれます。
都会的なものはありませんが、大自然から授かった羽根沢温泉、豊かな山の幸、そして温かい人情と、かつては当たり前だった「日本のふるさと」がここにはあります。 ふるさとは今も自然のまま。
心の針が動いたら、鮭川村に出かけてみませんか?

人口
3,976人(令和4年1月末日現在)
世帯数
1,334世帯(令和4年1月末日現在)
面積
122.14㎢

お問い合わせ先

鮭川村むらづくり推進課

TEL:0233-55-2111(代) / FAX:0233-55-3269

sakegawa@vill.sakegawa.yamagata.jp

http://www.vill.sakegawa.yamagata.jp/

鮭川村はこんなところ

  • 小杉の大杉

    あのアニメのキャラクターに似た村の巨木

  • 冬の鮭川村

    冬の間は東北地方らしく雪が降り積もりますが、とても美しい風景が広がります

  • 清流鮭川

    村の中を村名にもなっている清流鮭川が流れます

プロモーション動画

  • 鮭川村に移住されたお二人からお話を伺いました
  • 村内の米湿原と大平山、トレッキングスポットとして人気です!

住まいの支援

    物件探し

  • さけまる定住促進住宅(2号棟)入居者募集のお知らせ

    鮭川村では子育て支援住宅の整備や給食費の無償化、入学祝金の支給など様々な制度があり、安心して子育てができる環境となっております。
    【募集住宅】
    鮭川村定住促進住宅(さけまる定住促進住宅2号棟)
    木造2階建て(平成30年築)、1戸建て3LDKロフト付き(延べ床面積102.27㎡)
    【申込期間】
    令和4年3月11日(金)~令和4年4月11日(月) ※当日必着
    【入居者資格】
    〇将来にわたって鮭川村に定住し、村の発展に寄与する意思のある方で、次のいずれかを満たす方
     (1)中学生以下の子(胎児を含む)がいる方
     (2)現に同居し、又は同居しようとする配偶者があり、村での子育てを望む方
    〇自治会組織等の地域活動へ積極的に参加すること  など(詳細はお問い合わせください)
    【家賃】
    40,000円(基準家賃)
    ※控除家賃 ①中学生以下の同居者が1名の場合5,000円 ②中学生以下の同居者が2名の場合10,000円
    【選考方法・決定・入居時期】
    入居選考基準に基づき、書類選考及び面接により決定します。決定時期は、令和4年4月下旬予定です。

    さけまる定住促進住宅

    住宅支援

  • 住宅リフォーム総合支援事業費補助金

    村内に居住する方、もしくは村内に移住予定の方に対して、住宅のリフォームや耐震改修工事の費用を補助。三世代同居や移住等の場合には支援を拡充。空き家活用、村内業者との契約、生活排水設備の新設にはさらに嵩上げ(最大90万円)

  • 鮭川村浄化槽設置整備事業費補助金

    農業集落排水区域外の村民で、処理能力10人以下の合併浄化槽を設置しようとする方に、補助します。

    補助概要
     5人槽:最大621,000円
     7人槽:最大779,000円
    10人槽:最大951,000円

暮らしの支援

    子育て

  • 出産祝金

    第1子は10万円、第2子は20万円、第3子以降は30万円を支給します。

  • 子育て支援医療助成

    0歳児~高校生世代までを対象に医療費自己負担額の全額を助成しています。

  • 保育料支援

    第3子以降(同時入所に係わらず)の保育料が無料です。
    第2子は同時入所の場合に半額減額です。

  • 児童手当

    中学校修了前までの児童を養育する保護者に対して、月額3歳未満1万5千円、3歳以上小学生1万円(第3子以降1万5千円)、中学生1万円を支給します。※所得制限あり

  • 特別児童扶養手当

    障害のある20歳未満の児童を養育している保護者に対して支給、特別月額52,500円(1級)、34,970円(2級)を支給します。※所得制限あり
    支給時期:4月・8月・11月の年3回

  • 小児インフルエンザ予防接種

    村内に居住する方で、予防接種料金を助成します。生後6か月から13歳未満2回接種(1回目3,000円、2回目2,000円)、13歳以上中学3年まで1回接種(1回2,500円)

  • おたふくかぜ予防接種

    村内に居住する方で、1歳から保育所年長児相当の子どもに対し、各予防接種1回につき4,000円の助成

  • 新生児聴覚検査費用助成事業

    赤ちゃんが生まれたら医療機関にて任意で「新生児聴覚検査」という耳の聞こえの検査を行っています。村では、検査にかかる費用の一部を助成しています。
    ※新生児聴覚検査とは、お子さんが生まれてからおおむね生後3日以内に実施する検査です。
    ○対象者
    出生時において鮭川村に住所を有する妊婦
    ○実施場所
    分娩医療機関
    ○助成額
    お子さん一人につき7,290円を上限に助成

    ひとり親家庭

  • 児童扶養手当

    1人親家庭で18歳以下の児童(障がいのある子は20歳の誕生日まで)を養育している人に月額最大43,160円を支給。(第2子は10,190円、第3子以降は6,110円ずつ加算)※所得制限あり
    奇数月に2か月分がまとめて支給されます。

    教育

  • 入学祝金

    小学校等入学時に1人3万円を支給
    中学校等入学時に1人5万円を支給

  • 学校給食費完全無償化

    平成29年度より、子育て支援の一環として、児童・生徒の学校給食費を無償化しています。無償化の対象となるのは、鮭川小・鮭川中学校に通う児童・生徒です。
    (一人当たりの年間給食費:小学生54,000円、中学生63,000円)
    保護者の方々の教育に係る費用の負担を軽減し、子育て支援の向上・教育環境の充実を目的としています。
    本村における学校給食は、自校給食を実施しており、きのこ給食など地産地消についても積極的に推進しています。今後も本村の特色を活かし、児童・生徒に対し、安心で安全な温かい給食を提供しています。

  • 教育振興修学資金貸付(奨学金制度)

    私立高校や専門学校、大学等の修学に必要な費用を貸付する制度です。
    〇4年制大学、6年制大学(医学部、薬学部等)
     貸付金額:年額60万以内(月額5万以内)
     貸付利子:無利子
     償還期間:10年以内(据え置き6ヶ月)
    〇短期大学、専門学校等
     貸付金額:年額60万以内(月額5万以内)
     貸付利子:無利子
     償還期間:5年以内(据え置き6ヶ月)
    〇高等学校(私立のみ)
     貸付金額:年額24万以内(月額2万以内)
     貸付利子:無利子
     償還期間:5年以内(据え置き6ヶ月)

    その他

  • 特定不妊治療費助成

    村内に居住する方で、妊娠を希望する夫婦に対し、不妊治療の費用を助成。特定不妊治療費助成(体外受精・顕微授精)1回10万円を上限に年3回まで助成。

  • 妊婦健診助成事業

    妊婦健診等の費用の一部を助成する事業。妊婦健診は14回分、子宮頸がん検診やクラミジア検査、HTLV-1検査、早産予防のための超音波検査などに助成。

  • 脳ドック受診費用助成

    40歳以上で、脳ドック受診にかかる費用の一部を助成します。(上限20,000円)

  • 高齢者インフルエンザ予防接種

    インフルエンザによる重症化予防のため、65歳以上の高齢者の予防接種料金を助成します。助成額4,000円

  • 高齢者肺炎球菌予防接種事業

    予防接種法に基づく対象者に対し、4,000円の助成

  • 県外から鮭川村に移住された世帯への「米、味噌及び醤油」の提供

    山形県、市町村、JA全農山形や山形県醤油味噌工業協同組合が連携し、県外から鮭川村へ移住された世帯に対し、米どころ山形の県産米や味噌・醤油を提供します。

空き家バンク

問い合わせ先 鮭川村むらづくり推進課むらづくり推進係

地域おこし協力隊

鮭川村では、地域のために活動する地域おこし協力隊員を積極的に受け入れています。

活動の様子は、下記のページをご覧ください。

鮭川村の地域おこし協力隊

【隊員】
角田 歩(就任3年目)
武長紀生(就任2年目)
安川晃之(就任1年目)
板垣史朗(就任1年目)
内藤花恵(就任1年目)

移住ガイドブック

  • 鮭川村移住ガイド2022

    鮭川村移住ガイド2022

    このガイドでは、鮭川村の暮らし、住まい、仕事、子育て支援制度などについて紹介しています。

ページトップへ

ページトップへ