1. ホーム
  2. 県・市町村
  3. 村山エリア
  4. 朝日町

県・市町村/村山エリア 県・市町村/村山エリア

朝日町(あさひまち)

朝日町(あさひまち) 朝日町

りんごとワインの里 あさひまち

朝日町は、りんごとワインの里として知られ、町の豊かな自然が育んだりんごとワインは、国内でも最高品質のものと高い評価を受けています。また、世界で唯一空気を祀る空気神社や、湖上に大小様々な島々が浮遊する大沼の浮島、湯船にりんごを浮かべたりんご温泉など不思議なスポットが満載です。朝日町は「日本一カッコいい田舎町」を目指して、ユニークでアッと驚くようなチャレンジを続けています。

人口
6,811人(平成31年4月1日)
世帯数
2,400世帯(平成31年4月1日)
面積
196.81㎢

お問い合わせ先

朝日町政策推進課

TEL:0237-67-2112

seisaku@town.asahi.yamagata.jp

http://www.town.asahi.yamagata.jp/

朝日町からのお知らせ

プロモーション動画

  • 朝日町の魅力がたっぷりつまっています!!

住まいの支援

    物件探し

  • 空き家等バンク制度

    空き家のほか、空き店舗、宅地について広く情報発信をしています。
    気になった方は、是非ご覧ください!!

    住宅支援

  • 農業研修生等宿泊施設

    賃料無料!!
    最大4年間の居住が可能です!!
    ※入居できる方は、次に記載する方となります。
     (1)町内において農業の研修及び実習をしている者とその家族又は農業の研修及び実習を予定する者とその家族
     (2)新規就農者のうち、新たに農業の経営を開始する目的で朝日町に転入し、就農して5年以内の者とその家族
    ※その他朝日町農業研修生等宿泊施設の設置及び管理に関する条例(平成28年条例第17号)による。

暮らしの支援

空き家バンク

ホームページにより公開しています。

一般社団法人 希望活動醸成機構のURL

問い合わせ先 一般社団法人 希望活動醸成機構 TEL:050-5360-6711
利用登録 詳細を知りたい場合、制度を利用したい場合は「利用登録」が必要です。
利用条件 空き家等に定住し、朝日町の自然、生活環境等について理解を深め、よき地域住民として生活できる等の条件を満たす方が制度を利用できます。
現地案内 可能
補助制度、移住者への特典など 【空き家等改修支援事業補助金】※H30年4月~拡充しました!!
 空き家等の改修に要した費用の2分の1(上限50万円)を補助します。
なお、世帯要件等により加算あり。(詳細は空き家等バンクのHPをご覧ください。)
【空き家等バンク利用促進補助金】
 空き家等の片付け等に要した費用について、最大30,000円を補助します。

山形暮らし体験住宅

ゲストハウス松本亭一農舎

町を訪ねてくるゲスト(宿泊者)が、地域の方や宿を共にしたゲストと語りあうことができる宿泊型の交流体験施設です。
◇宿泊料金◇【休館 水曜10:00-木曜16:00】
・ドミトリー(相部屋)2室 1人あたり3,200円
・個室2室(定員3名・定員4名)
1部屋あたり8,900円~10,800円(何人でも定額)
※宿泊料金は今後変動する場合があります。
◇問合せ◇ 地域振興サポート会社まよひが企画
<TEL>0237-84-0880(8:00~22:00)  <E-meil>info@1no.jp

詳しくは下記のページをご覧ください。

地域おこし協力隊

朝日町では、地域のために活動する地域おこし協力隊員を積極的に受け入れています。

【隊員】
村山夏渚、鈴木公人、石井 応宝

移住ガイドブック

  • 移住のひみつ大図鑑

    移住のひみつ大図鑑

    朝日町の移住に関する情報について、概要版としてのガイドブックです。

移住者の声

  • 宮城県から移住/遠藤大輔さん

    宮城県から移住

    遠藤 大輔さん

    田舎暮らしデザイナー

    平成23年10月、夫婦で朝日町に移住したフリーランスのデザイナー。 町のブランディングプロジェクトにも参画。

  • 埼玉県から移住/古田晋さん・雅子さん夫妻

    埼玉県から移住

    古田 晋さん・雅子さん夫妻

    公務員からりんご農家に

    平成25年、朝日町に「果樹園木楽」を設立した新規就農のりんご農家。収穫したりんごはインターネット販売もしている。

  • 福岡県から移住/奥村隆一さん

    福岡県から移住

    奥村 隆一さん

    一度の訪問で移住を決意

    直感で朝日町への移住を決意。町のPRをする生活に生きがいと満足を感じています。

  • 神奈川県から移住/唐木俊彦さん・恵子さん夫妻

    神奈川県から移住

    唐木 俊彦さん・恵子さん夫妻

    ふるさとでの新たな暮らし

    平成27年、神奈川県から移住し、朝日町に「ダイニングバーKaRa・KaRa」をオープン。内装を手造りするなどし、訪れる人々に居心地のよい空間を提供している。

ページトップへ

ページトップへ