1. ホーム
  2. 県・市町村
  3. 置賜エリア
  4. 南陽市

県・市町村/置賜エリア 県・市町村/置賜エリア

南陽市(なんようし)

南陽市(なんようし) 南陽市

菊とぶどうといで湯の里

南陽市は、山形県を人の顔にたとえれば、ちょうど「エクボ」の位置にある県南部に位置しています。開湯920余年の伝統ある赤湯温泉や宮内熊野大社など歴史と伝統を持つまちです。北に丘陵、南に沃野が広がり四季の変化に富み、ぶどう、さくらんぼなどの果樹栽培が盛んです。鉄道・国道が結節する県南の交通の要衝でもあります。地域文化を大切にしながら、市民の安全な暮し、ライフサイクルに応じた安心な暮し、そしてうるおいのある暮しを目指して、みなさんが住んでいて良かったと思うまちづくりを進めています。

人口
30,337人(令和3年12月1日現在)
世帯数
11,435世帯(令和3年12月1日現在)
面積
160.52㎢

お問い合わせ先

南陽市みらい戦略課

TEL:0238-40-3211(代)

mirai@city.nanyo.yamagata.jp

http://www.city.nanyo.yamagata.jp/

プロモーション動画

  • 三羽のウサギ・おもてなし方程式

仕事の支援

    就職

  • 求人情報・内職情報

    ハローワーク米沢の求人情報と県立山形職業能力開発専門校の内職情報です。
    この情報は市役所正面玄関ロビー、商工観光課の窓口、えくぼプラザ、赤湯公民館、ワトワセンターにも配置しております。

住まいの支援

    住宅支援

  • 子育て世代定住促進交付金

    これから南陽市に転入する(既に転入している場合は転入から5年未満の)世帯が、市内に持家住宅の新築又は購入する際の取得費用の支援を行います。

暮らしの支援

    教育

  • 小中学校、幼稚園、認定こども園一覧

  • 育英事業奨学資金貸付

    優良な学生生徒であって、経済的な理由で就学困難な方に学費を貸与し、有用な人材を育成することが目的。
    毎年2月に募集を行います。
    貸与限度:高等学校入学一時金100,000円以内、月額10,000円以内
         大学校入学一時金300,000円以内、月額20,000円以内
    詳しくはHPを参照してください。

  • 就学前ことばの相談

    ことばが遅れている、発音や話し方がはっきりしない、ことばのトレーニングを受けたい、小学校就学に向けて困っていることがあるなどの相談があるときはお気軽にご相談ください。

空き家バンク

ホームページにより公開しています。

問い合わせ先 建設課 建築住宅係 電話0238-40-8396
利用登録 詳細を知りたい場合、制度を利用したい場合は、「利用登録」が必要です。
利用条件 空き家等に定住し又は定期的に滞在して、南陽市の自然環境、生活文化等に対する理解を深め、地域住民と協調して生活できる方
現地案内 要相談

地域おこし協力隊の募集

南陽産ワインを世界ブランドへ。南陽市のワイン産業を未来へつなぐ協力隊募集!

【募集期間】2022年1月17日(月)~2022年2月14日(月)
南陽市は、県内で最も歴史あるワインのまちです。
寒暖差のある気候、日照時間の長さ、水はけの良い土壌など、ぶどう栽培に適した条件が揃っているため、糖度の高い良質なぶどうが育ちます。
市内にはワイナリーが6社集積しており、今大注目のナチュラルワインや東北最古のワイナリーが造るノンフィルターワイン、ご褒美スイーツのようなデザートワイン、贅沢なディナーにもよく合う正統派ワインなど、県外にはあまり知られていない個性豊かなワインが楽しめます。
今回は、そんな南陽市内の中川地区にあるワイナリーで、地域おこし協力隊として一緒に働いてくれる新しい仲間を募集します。
豊かな自然に囲まれながら、ぶどう栽培やワイン造りに挑戦し、醸造家のプロを目指してみませんか?
ぶどう栽培やワイン醸造に強い関心・興味がある方、ワイン造りを生業としたい方、人と人とのつながりが好きな方、お待ちしております。

詳しくは下記のページをご覧ください。

移住ガイドブック

  • ようこそ、山の向こうのもう一つのふるさとへ

    ようこそ、山の向こうのもう一つのふるさとへ

    【南陽市で暮らそう】
    南陽ってどんなところ?
    助成・支援制度は?
    移住者の声は?
    山形県のえくぼ、南陽市で
    笑顔あふれる暮らしをぜひ!

移住者の声

  • 神奈川県出身/大垣敬寛さん

    神奈川県出身

    大垣 敬寛 さん

    神社境内でカフェを営業中

    南陽市地域おこし協力隊。南陽市宮内のまちづくり団体「わくわく」共同代表、「株式会社山のむこう」代表取締役社長。

ページトップへ

ページトップへ