1. ホーム
  2. 県・市町村
  3. 庄内エリア
  4. 遊佐町

県・市町村/庄内エリア 県・市町村/庄内エリア

遊佐町(ゆざまち)

遊佐町(ゆざまち) 遊佐町

行きづらいけど、生きやすい。遊佐町

山形県の最北端に位置する遊佐町。東京から500kmも離れていて、首都圏へのアクセスが不便なため、「行きづらい」町ですが、素晴らしい自然と食に恵まれ、子育てや住まいに関する支援も充実した「生きやすい」町です。
秋田県との県境にそびえる鳥海山や夕日が沈む日本海、町中にあふれる湧水など、遊佐には都会での暮らしとは真逆な豊かで穏やかな時間が流れています。

人口
14,085人(平成30年3月末現在)
世帯数
4,993世帯(平成30年3月末現在)
面積
208.39㎢

お問い合わせ先

遊佐町企画課定住促進係

TEL:0234-28-8257 / FAX:0234-72-3315

teiju@town.yuza.lg.jp

http://www.yuza-iju.com/

遊佐町からのお知らせ

プロモーション動画

  • 遊佐町定住促進プロモーションビデオ
  • 遊佐町ふるさとCM大賞「大賞」(2016)~山形のおでこ

仕事の支援

    就職

  • 面接時の交通費助成

    遊佐町含む庄内北部定住自立圏域内(遊佐町・酒田市・庄内町・三川町)での就職相談会や面接等に参加する際の交通費を補助します!

    対象:IJUターン希望者(※新卒者除く)
    内容:・圏域内で公的機関が実施する庄内就職ガイダンス等
       ・上記圏域の事業所が独自に行う面接等
    給付額:鉄道賃、航空賃、高速バス料金の1/2
    (※一人2回まで、上限10,000円、町内事業所は上限20,000円)
    問合せ:産業課産業創造係(0234-72-4522)

  • IJUターン定着激励金

    遊佐町にIJUターンしてきた方が、転入前後6ヵ月以内に庄内北部定住自立圏域内(遊佐町・酒田市・庄内町・三川町)の事業所に正規雇用された場合に激励金を給付します!

    対象:IJUターン就職者(※新卒者除く)
    給付額:一人当たり10万円(就職時年齢が40歳未満)
    (※ 家族で転入した場合1世帯の限度額30万円)
    問合せ:産業課産業創造係(0234-72-4522)

    就農

  • 遊佐町チャレンジファーム農業研修生

    農業を始めたい、試してみたいけれど、どう始めていいかわからない。
    そんな方の農業を始めるキッカケを作りたいとの思いで”遊佐町チャレンジファーム事業”を始めました!

    遊佐町の優れた農業経営者のもとで、農産物の栽培はもちろん、販売や経営に関する総合的な指導を受けることができます。
    また、新規就農予定者が受給できる青年就農給付金と合わせて、研修期間中の生活や住まいを遊佐町が全力でサポートします。
    まずは試してみたい方、将来は農家として独立したい方のチャレンジをオール遊佐で応援します。
    問合せ:産業課農業振興係(0234-72-5882)

    遊佐町チャレンジファーム概要

住まいの支援

    物件探し

  • 遊佐町空き家バンク

    遊佐町IJUターン促進協議会ホームページで空き家情報を公開中。売買/賃貸物件の写真や間取り、ライフラインなどの情報を掲載しています。

    その他

  • お試し体験住宅

    遊佐町の生活を体験したり、空き家探しのために利用できるお試し体験住宅2棟をご用意しています。利用料は無料(灯油代は自己負担)、2泊~7泊まで利用可能です。

  • 子育て世帯移住奨励金

    移住者であって、0歳~義務教育課程までの子どもを養育する方からなる世帯で、移住の日から5年以上継続して居住する方に奨励金を交付します。

  • 集落支援員

    移住を希望する方への空き家案内、地域自治会(集落)との調整を担っています。移住前の相談から、定住後のフォローまで、きめの細かい支援を行っています。

  • NPO法人いなか暮らし遊佐応援団

    集落支援員と連携し、移住を希望する方が必要な定住施策、遊佐町の生活などに関し、一本化した窓口を受託しています。必要とする情報先を案内しています。

暮らしの支援

    子育て

  • ゆざっ子誕生祝金

    第1子・第2子5万円、第3子以降10万円を支給します。

  • 子育て支援医療証

    0歳~18歳までのお子様の医療費について、扶養者の所得等に関係なく一部負担金無で受診が可能です。ただし、保険適用以外は自己負担になります(入院時食事代等)。

  • ゆざっ子エンゼルサポート

    保育料の補助として、3歳児以上の保育料を所得に応じて「0円か5,000円」、幼稚園利用児童の保育料を「実質0円」、一定所得以下の世帯には給食費を補助、同一保護者の18歳以下、第3子以降の保育料を「0円」にします。

  • 子育て世帯移住奨励金

    遊佐町外からの移住者で、0歳~義務教育課程までの子どもを養育する世帯に、子ども一人当たり12万円/年(3年)を交付します

  • ベビー・チャイルドシートレンタル

    6歳未満の乳幼児のいるご家庭に、無料で最長6ヶ月の間、ベビーシート・チャイルドシートを貸し出ます。

  • 子どもセンター「わくわく未来館 」

    雨の日や雪の日でも、遊具で思いっきり遊ぶことができる場です。子育て支援センター・一時預かり・放課後児童クラブを併設。

  • すくすくゆざっ子支援金

    0歳から3歳に到達する年度末までの子どもの保護者に子ども1人当たり10,000円/月を支給します。

    ひとり親家庭

  •  ひとり親家庭等家賃助成

    ひとり親家庭において児童と同居し、養育している方の家賃月額の1/4(上限10,000円)を助成。※要件あり

    教育

  • 遊佐高校就学支援事業

    山形県立遊佐高等学校の生徒の皆さんを対象に、就学支援金(入学時)や介護職員初任者研修受講支援金、キャリアアップ(運転免許取得)支援金の給付など様々な支援事業を行っています。

    その他

  • 遊佐町少年議会

    遊佐町内在住・在学の中高生から自らの手で若者視点のまちづくりを行う事業。町のイメージキャラクタ-「米~ちゃん」も少年議会から生まれた。若者の望むイベント等を企画し、自分たちで開催している。平成29年度で15期目。

空き家バンク

遊佐町IJUターン促進協議会ホームページにて公開しています

問い合わせ先 企画課定住促進係 TEL.0234-28-8257
利用登録 詳細を知りたい場合、空き家の内覧を希望される場合は「利用登録」が必要です
利用条件 地区の活動に積極的に参加し、地域の皆さんと関わって暮らしていける方
現地案内 集落支援員・NPO法人いなか暮らし遊佐応援団が案内いたします
補助制度、移住者への特典など 【空き家バンクだけの特典!】
・リフォームの補助(県外から移住・若者世帯で購入の場合…補助率1/2&上限30万円)
・空き家に残る家財道具等の処分の補助(補助率1/2、上限20万円)

遊佐町にご相談の上、転入される方(不動産物件でも)は、集落の区長さんとお繋ぎするほか、
ご近所さんのお家へのあいさつに集落支援員が同行するので、安心!

まずはホームページをご覧ください!
関連リンク

山形暮らし体験住宅

お試し体験住宅<広野の家・布倉の家>

◇利用期間:2泊3日~7泊8日
◇利用料金:無料(11~3月は暖房用の灯油代がかかります)
◇申込み:遊佐町企画課 <TEL> 0234-28-8257

※ 利用中は、町、集落支援員、NPO法人いなか暮らし遊佐応援団による町の紹介や、空き家見学を行っていただきます。
※ 観光などを目的とした申し込みはお断りしております。

詳しくは下記のページをご覧ください。

地域おこし協力隊

遊佐町では、地域のために活動する地域おこし協力隊員を積極的に受け入れています。

活動の様子は、下記のページをご覧ください。

遊佐町の地域おこし協力隊

【隊員】
藤川 かん奈(生涯学習担当)、和島 経輔(情報発信担当)、髙橋 可奈絵(定住促進活動担当)、林 晶(観光振興支援担当)、坂部 春奈(地域づくり活動支援業務)

地域おこし協力隊の募集

遊佐町地域おこし協力隊を3名募集します!

①友好都市豊島区への産直「遊佐ノ市」他、特産品販売支援業務1名
(遊佐ブランド推進協議会と連携し、遊佐ブランドの確立・発信と地域産業の活性化をめざす)

②婚活・ウエディングプランニング業務1名
(結婚支援推進員と連携し、町独自の結婚式を提案・実施していく)

③鳥海山飛島ジオパーク関連業務1名

【募集対象】
20歳~40歳までの方で、現在3大都市圏をはじめとする都市地域に在住し、遊佐町に住民登録し、生活拠点を移すことができる方(Uターン者可)
明るく協調性があり、コミュニケーション能力が高い方
…など。

【活動謝礼】
166,000円/月(その他居住費、活動のための車両燃料費等)
車両の貸与

その他詳細は遊佐町のホームページの募集ページをご確認ください。

詳しくは下記のページをご覧ください。

移住ガイドブック

  • 遊佐町定住支援ガイド

    遊佐町定住支援ガイド

    遊佐町に移住したい・住み続けたい方へ!

    遊佐町に住むことで、受けることのできる支援等を「子育て/教育」、「働く/交流/結婚」、「住まい」の3分野ごとに掲載しています。(2.25MB)

移住者の声

  • 埼玉県から移住/遠藤陸さん・榮子さん夫妻

    埼玉県から移住

    遠藤 陸さん・榮子さん夫妻

    同窓会がきっかけで遊佐へ

    里山の静かで水もきれいな遊佐町へ移住。孫に田舎を作ることができ嬉しい。

ページトップへ

ページトップへ