1. ホーム
  2. 県・市町村
  3. 置賜エリア
  4. 飯豊町

県・市町村/置賜エリア 県・市町村/置賜エリア

飯豊町(いいでまち)

飯豊町(いいでまち) 飯豊町

東洋のアルカディア 田園散居集落の飯豊町

飯豊連峰から流れる清流白川が町を縦断し、全国的にも数少ない屋敷林に囲まれた田園散居集落が美しい景観を形成しています。農業のほか、米沢牛や米、アスパラガス、こくわワイン、どぶろく等が特産です。NPO法人「日本で最も美しい村」連合に加盟し、将来にわたって美しい地域づくりを行うこと、地域の自立を推進すること、また、景観や環境を守り、地域の特色を観光資源として付加価値を高め、地域資源の保護と地域経済の発展を目指しています。

人口
7304人(平成27年現在)
世帯数
2197世帯(平成27年現在)
面積
329.41㎢

お問い合わせ先

飯豊町総務企画課 特別政策室

TEL:0238-72-2111(代)

iide-info@town.iide.yamagata.jp

http://www.town.iide.yamagata.jp/

仕事の支援

    就農

  • 新規就農定着促進事業

    ①家賃補助:賃貸借住宅家賃の月額1/2の額または20,000円のいずれか低い額を上限とし補助金を交付します(3年以内)。②施設等取得補助:園芸ハウス等施設取得費の1%以内で補助金を交付します(3年間)。③農地賃借料補助:年間10aあたりの農地の契約賃借料と飯豊町参考賃借料の差額の1/2又は10,000円のいずれか低い額で当該借入面積の額の補助金を交付します。④農地取得補助:新規に取得する農地の10a当たり価格の1/3または200,000円のいずれか低い額で、農地取得面積の50aまで補助金を交付します。⑤青年組織補助:農業研修等に必要な経費の1/2又は82,000円のいずれか低い額を上限として支給します。⑥農機具等整備補助:30万円未満の農業用機械・設備の1/3以内を上限として支給します。

住まいの支援

    物件探し

  • 空き家情報

    中津川地区公民館内「いいもんだ中津川移住者相談窓口」及び同ホームページで空き家を含む移住情報提供や移住相談を実施しています。

  • 空き家バンク

    町内にある空き家の中で、所有者より売却・賃貸の申し出があった物件を紹介しています。

    住宅支援

  • 住宅取得奨励(Iターン・Uターン・町内在住)

    Iターンで町内に定住する意思を有する方が、居住を目的として住宅を新築又は購入し、一定の要件に該当する場合、奨励金1,000,000円を交付します。
    また、Uターンで町内に定住する意思を有し、転出から起算して3年を経過した後再転入した方が住宅を新築または購入し、一定の要件に該当する場合、奨励金500,000円を交付します。
    町内に居住し、定住の意思を有する方が、住宅を新築または購入し、一定の要件に該当する場合、奨励金100,000円を交付します。
    住宅を新築する際、町内の建築業者が施工した場合は、さらに奨励金100,000円を交付します。

  • ◆住宅取得奨励を申請する方へ『フラット35』金利引き下げのご案内

    飯豊町では、住宅金融支援機構と連携し、全期間固定金利住宅ローン『フラット35』を利用する場合、借入金利を一定期間引き下げられる制度を実施しています。
    ○対象/飯豊町ふるさと定住いいですね条例「住宅取得奨励金」を申請する以下の方
    1.フラット35子育て支援型⇒奨励金申請者または配偶者のいずれかの年齢が満50歳以下で、同居し扶養する子の年齢が満18歳未満である方
    2.フラット35地域活性化型⇒飯豊町外から飯豊町に転入する方
    ○引き下げ金利/当初5年間、年0.25%引き下げ
    ※フラット35子育て支援型・地域活性化型の利用を希望する方は、申請書及び付表を記入の上、飯豊町役場総務企画課総合政策室に提出してください。様式と申請の詳細は町HPをご確認ください。

  • 県産認証材利用助成金交付事業

    構造材の80%以上に県産木材を使用した住宅を、町内に新築される方に150,000円を限度に助成金を交付します。

  • Iターン就農促進支援事業(賃貸)

    新規就農者または就農後3年以内の方で、将来とも飯豊町において中核的農家として期待できる方に対し、賃貸住宅家賃の年間自己負担額の1/2または24万円のいずれか低い額を上限とし(3年以内)支援します。

  • 木材製品利用住宅建築奨励助成金交付事業

    町内の建築業者により町内に新築される住宅で、町県内産木材を全部又は一部使用し、助成金対象経費が300,000円を超えるものであること等の要件を満たすものに、助成金対象経費の1/2の額、 500,000円を限度として交付します。

  • 住宅リフォーム支援事業

    町が定める要件を満たして住宅のリフォーム工事を行う場合や木造住宅の耐震改修を行う場合に工事費を補助します。
    ○リフォーム工事 町内業者施工の場合:工事費の20%(最大400,000円)
    (世帯要件を満たす場合、空き家または県産木材を利用する場合には補助が拡充されます)
    ○耐震改修 工事費の50%(最大800,000円)

  • 生活排水個別処理事業(浄化槽水環境保全推進事業)

    水洗トイレや生活排水処理のため200,000円の分担金を納付していただくと町が合併処理浄化槽を設置し、さらに補助金100,000円を交付します。
    なお、設置した浄化槽については、下水道料金を納付していただき町が管理します。(問い合わせ:飯豊町役場 地域整備課上下水道室)

  • 木造耐震診断士派遣事業

    地震に対する住宅の安全性の向上を図るため、町が定めた要件を満たす木造住宅の耐震診断を行う場合、経費の90%を補助します。

  • 合併処理浄化槽設置整備事業

    生活排水個別処理事業対象地域以外(農業集落排水処理区域)で合併処理浄化槽を設置及び撤去し、一定の要件に該当する場合、下記の額を限度に補助金を交付します。
    ○設置/5人槽:352,000円、7人槽:441,000円、10人槽:588,000円
    ○撤去/300,000円
    (問い合わせ:飯豊町役場 地域整備課上下水道室)

  • 水洗便所等改造資金利子補給事業

    指定融資機関からトイレの水洗化や宅地内排水管工事の改造資金の融資を受けた方に改造資金1,200,000円を限度に、償還期間60月以内で利子補給金を交付します。(問い合わせ:飯豊町役場地域整備課上下水道室)

  • 住宅用太陽光発電システム設置補助事業

    住宅用太陽光発電システムを設置する場合1kwあたり20,000円(上限60,000円)の経費を補助します。
    (問い合わせ:飯豊町役場住民税務課特別政策室)

暮らしの支援

    子育て

  • すこやか出産祝

    子どもを出産された場合「出産祝」として、第1子は祝品(商品券)3万円、第2子は祝品(商品券)5万円、第3子以降は祝金17万円を贈呈します。

  • 子育て支援医療

    18歳未満の医療費は全て無料です(所得制限なし、自己負担分全額助成)。入院時の食事負担金も給付します。

  • 保育料支援

    入園児が、同一世帯の18歳までの子から数えて第3子以降の場合、保育料を無料化。保育園への複数人の同時入所の場合、2人目を1/3の額としています。平成28年度から年収360万円未満の世帯は、第2子を半額、第3子以降保育料を無料化し、年収360万円未満のひとり親世帯等については第1子を半額、第2子以降保育料を無料化しています。幼稚園・認定こども園(1号認定)・児童センター保育料も同等です。

  • 幼稚園・認定こども園(1号認定)・児童センター保育料の支援

    入園児が、同一世帯の18歳までの子から数えて第3子以降の場合、保育料を無料にしています。複数人の同時入所の場合、2人目を1/2の額としています。
    また、年収360万円未満の世帯については、第2子の保育料を半額、第3子保育料を無料にしています。さらに、年収360万円未満のひとり親世帯等については、第1子の保育料を3,000円、第2子の保育料を無料にしています。

  • 保育園・認定こども園(乳児部)での産休明け保育

    出産後も仕事を続けたいという女性のために、特にニーズの高い産休明け保育(生後3ヶ月~6ヶ月)を実施しています。

  • 特別保育

    延長保育、預かり保育、一時保育を実施しています。なお、一時保育は、NPO法人「ほっと」に業務委託しています。

  • 保育園・認定こども園(2号・3号認定)での延長保育

    午前7時30分から午後6時45分までの早朝・夕方の延長保育を実施しています。(月額2,000円(おやつ代として))

  • 幼稚園・認定こども園(1号認定)・児童センターでの預かり保育

    午前7時30分から午後6時45分までの早朝・夕方の延長保育を実施しています。(早朝1,000円、夕方5,000円)

  • 放課後児童クラブ

    すべての小学校区の1年生~6年生を対象に、町内2施設(中部学童クラブ・白椿学童クラブ)で実施しています。児童の健全な育成を図るため、授業終了後の遊びと生活の場を月額5,000円の低料金で提供しています。
    平成29年度より、低所得者世帯の利用料を準要保護世帯で1/2の額に、要保護世帯においては無料にします。また、当年度の市町村所得割課税額が57,700円未満の多子世帯で、町内に住所を有する同一世帯の第2子以降の利用料を1/2の額にします。

  • こどもみらい館(併設 子育て支援センター)

    自由来館型児童館を開設し、未就学の子どもと保護者、小学生等の集いと交流の場を提供するとともに、育児相談や情報提供などの子育て支援を実施しています。

  • ファミリー・サポート・センター

    仕事と家庭の両立を応援するため、育児のお手伝いをして欲しい方と、育児のお手伝いをしたい方が会員になり、保育施設までの送迎や預かりなど地域の中で助け合いながら育児への相互援助を行います。

  • 幼稚園等入所児童への給食提供

    町内の手ノ子幼稚園・認定こども園(幼児部)・添川児童センターに、学校給食共同調理場からのおかず給食の配食を実施しています。

  • ブックスタート事業

    4ヶ月健診対象者に絵本等を配布し、絵本を介して親子の触れ合いを高め、赤ちゃんの心と体が豊かに育つことを支援するため、こどもみらい館でブックスタート広場を開設しています。その際に、絵本の読み聞かせ等を行っています。

  • 妊婦健診助成事業

    一般的な検査14回分の費用を1回目10,000円、2回以降は5,000円を限度額として助成します。その他、超音波検査4回分の費用を、あわせてヒトT細胞白血病ウイルス-1型、子宮頚がん検査、クラミジア検査の全額を助成します。

  • インフルエンザ予防接種助成事業

    6か月から中学3年生までの接種費用のうち1回2,500円を上限に2回まで助成します。

  • 幼児歯科健診事業

    1歳~3歳3ヶ月までの幼児を対象に、3ヶ月に1回の幼児歯科健診とフッ素塗布を実施しています。

  • 出産育児一時金給付

    国民健康保険加入者の方に出産育児一時金として420,000円を給付します。(原則として医療機関への直接払いとなります。)

  • 不妊治療費助成事業(子宝支援事業)

    不妊治療(男性不妊治療を含む)に要した医療費の自己負担額の1/2を交付します。対象となる不妊治療が終了した年度から交付し、限度額及び年齢制限はありません。

    教育

  • 町営学習教室「いいで希望塾」

    中学生の補充的な学習や発展的な学習機会を設け、学習習慣を身につけることをめざし、町営学習教室を開設しています。

  • 就学援助制度

    経済的理由により就学困難な児童生徒の保護者に就学援助費を支給しています。

  • 奨学資金貸与

    健康にして優秀な学生・生徒で経済的理由により修学困難な者に対し、学資金及び入学一時金の貸与を行います。限度額は以下のとおりです。
    大学30,000円/月・入学一時金300,000円、
    短大25,000円/月・入学一時金300,000円、
    高校20,000円/月・入学一時金100,000円、
    特別な研究修学50,000円/月・入学一時金1,000,000円

  • ことばの教室(通級言語指導教室)

    発音に誤りがあったり、つまったりするなど、ことばの発達に課題や遅れが見られるお子さんに対し、少しでも早く適切な指導を行うため、第一小学校内に「通級制」のことばの教室を設置しています。

  • めざみっ子入学祝

    町内在住の方が小学校及び中学校への入学する際、それぞれ祝品(商品券)10,000円を贈呈します。

    その他

  • ときめき結婚祝

    町内在住の方が結婚した場合、一組につき祝品(商品券)30,000円を贈呈します。

  • ほほえみカー(デマンド交通)運行事業

    タクシーの便利さをバス並みの料金で実現するデマンド交通は、予約に合わせ、自宅や外出先まで車が迎えに来て、運行範囲内の行きたいところまで運んでくれる「乗り合いタクシー」方式のサービスです。町内は400円~600円、町外は600~800円の低料金で3路線を運行しています。
    (運行範囲は、町内全域・公立置賜総合病院・長井市内の一部区域です。)

  • 運転免許自主返納支援事業

    交通安全対策の一環として、運転免許証を自主返納した方、又は運転免許証の有効期間満了後に更新しない方に、ほほえみカー(デマンド交通)の乗車券(100円券を120枚)を贈呈します。

  • ごみ減量化・廃棄物再生利用事業

    ごみの減量化を図るため、指定の生ごみ処理容器等の購入費用の一部を助成します。

  • 障がい者(児)地域生活支援事業

    障がい者(児)に対して、デイサービスや日中の一時預かり事業、補装具・日常生活用具の給付事業、移動支援事業などを実施しています。

  • 高齢者インフルエンザ・肺炎球菌予防接種助成事業

    65歳以上の接種者に対して、接種費用の一部(インフルエンザの予防接種2,000円/年、肺炎球菌の予防接種3,000円/一人1回のみ)を助成しています。

空き家バンク

ホームページにより公開しています。

問い合わせ先 総務企画課特別政策室 電話0238-87-0695
利用登録 詳細を知りたい場合、制度を利用したい場合は「利用登録」が必要です。
利用条件 ①飯豊町で定住又は将来の定住を見込み定期滞在し、地域住民として生活を希望する方。 ②空き店舗、工場等を活用し、地域経済の活性化に貢献しようとする方。 ③飯豊町の生活文化、自然環境への理解を深め地域の方と良い関係を築ける方。 ④申請内容に虚偽がある場合や、公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるときは利用不可。
現地案内 可能
補助制度、移住者への特典など 飯豊町ふるさと定住いいですね条例【住宅取得奨励】
飯豊町に定住の意思を有し、住宅を新築または購入した方に奨励金を交付します。  
(要件あり。町内建築業者が新築施工した場合は10万円加算)   
①Iターン者 100万円 
②Uターン者 50万円 
③新規就農者 100万円 
④町内在住者 10万円   
*その他
住宅建設の際に町県内産木材を利用した場合の補助制度あり。
ペレットストーブを導入する場合の補助制度あり。
関連リンク

移住ガイドブック

  • 山形県飯豊町移住定住ガイドブック「飯豊結び」

    山形県飯豊町移住定住ガイドブック「飯豊結び」

    飯豊町への移住者が知りたい「暮らす、働く、子育て、介護・医療」情報をギュッとまとめた一冊です。先輩移住者の生の声も掲載しています。

  • iide promotion guidebook(飯豊プロモーションガイドブック)

    iide promotion guidebook(飯豊プロモーションガイドブック)

    写真を多用してビジュアルで飯豊町を紹介する一冊です。

移住者の声

  • 神奈川県出身/中野葉月さん

    神奈川県出身

    中野 葉月さん

    実際に住んで山と向き合う

    山形を思っていたとおりステキなところ。山村の暮らしを実践しながら守る生き方をしたいとの気持ちから移住を決意。

  • 神奈川県から移住/舩渡川葉月さん

    神奈川県から移住

    舩渡川 葉月さん

    山の恵みを活かした暮らし

    山も暮らしも仕事もつながっている、飯豊町中津川へ移住。

ページトップへ

ページトップへ