1. ホーム
  2. 県・市町村
  3. 置賜エリア
  4. 高畠町

県・市町村/置賜エリア 県・市町村/置賜エリア

高畠町(たかはたまち)

高畠町(たかはたまち) 高畠町

まほろばの里®たかはた

まほろばとは「周囲が山々に囲まれた平地で住みよい美しいところ」という意味です。奥羽の美しい山並みに囲まれ、四季折々の多彩な風景が展開される自然環境と調和した豊かな生活をはるか1万年前から築いています。
また、「日本のアンデルセン」と称され、『泣いた赤おに』等の作品を残した童話作家・浜田広介の出身地であり、広介童話の「愛と善意」が息づく温もりのあるまちづくりを進めています。

人口
23,887人(平成27年現在)
世帯数
7,215世帯(平成27年現在)
面積
180.26㎢

お問い合わせ先

高畠町企画財政課

TEL:0238-52-1112 / FAX:0238-52-1543

kikaku@town.takahata.yamagata.jp

http://www.town.takahata.yamagata.jp/

プロモーション動画

  • 高畠町公式プロモーション動画

住まいの支援

    住宅支援

  • 若者定住促進事業助成金(購入)

    高畠町に定住する目的で住宅を取得する若者家族世帯に助成します。(町外から移住する方と、東日本大震災による原発事故のため避難をしている方には、住宅取得費の10%で最大50万円)

    その他

  • 現地案内等

    地域おこし協力隊が中心となり、現地案内や地元住民との体験交流イベントを開催します。

暮らしの支援

地域おこし協力隊

高畠町では、地域のために活動する地域おこし協力隊員を積極的に受け入れています。

活動の様子は、下記のページをご覧ください。

【隊員】
齋藤 駿丞、鈴木啓之、豊嶋莉乃

地域おこし協力隊の募集

「たかはた」というキャンバスをあなた色に染めてみませんか? ~高畠町地域おこし協力隊募集~

【募集期間】平成30年4月19日~
高畠町では、「まほろばの里・高畠町」の良さを生かしながら、新しい風を吹き込み、元気な地域づくりを推進する「高畠町地域おこし協力隊員」を募集しています。

<活動内容>
(1) 観光PR活動や地域資源の掘り起し及び活用事業
(2) 都市住民との交流活動などの移住交流に関する活動
(3)「熱中小学校」プロジェクト」に関する活動(※)
(4) その他地域力の維持および創出に資する活動
※「熱中小学校プロジェクト」とは
「もういちど7歳の目で世界を…」をテーマに、平成27年10月高畠町時沢地区にある廃校 "旧時沢小学校"を利用して始まった地方創生プロジェクトです。詳しくはこちら⇒https://www.necchu-shogakkou.com/

<募集要件>
(1) 概ね20歳~40歳以下の心身ともに健康な状態で誠実に職務が遂行できる者
(2) 地方公務員法第16条(欠格事項)に該当しない者
(3) 総務省が定める三大都市圏をはじめとする都市地域等(※)から生活の拠点を当町へ移すとともに、住民票を異動できるもの
(4) 普通自動車運転免許を有している者
(5) パソコン(Word・Excel等)の操作ができる者(デザイン、Web、映像関係に造詣が深い方、大歓迎です。)
※ 転出される市町村によって、居住できる地域が限定される場合があります。詳しくは担当までお問い合わせください。

<募集人数>
 1名 ※平成30年4月現在、4名の協力隊員が活動中です。

<勤務条件等>
 ①報 酬 等:月額166,000円(賞与なし)
  ※厚生年金及び健康保険、雇用保険等の社会保険に加入していただきます。(月額報酬から差し引き)
 ②勤務時間:原則として月曜日から金曜日までの週5日(週29時間以内)とします。
  ただし、活動内容によっては休日に勤務を要する場合があり、その場合は平日への振替対応とします。
  年次休暇は規定により付与します。

詳しくは下記のページをご覧ください。

移住ガイドブック

  • TAKAHATAめがね

    TAKAHATAめがね

    高畠町地域おこし協力隊が作成した、高畠の歴史や知られざる魅力がわかる「大人のための高畠の教科書」です。

ページトップへ

ページトップへ