1. ホーム
  2. 移住支援情報
  3. 市町村の支援情報

移住支援情報 移住支援情報

市町村の支援情報

市町村名をクリックすると、市町村の詳細ページが開きます。
詳細についてお知りになりたい場合は、リンク先をご覧になるか、各担当課へお問い合わせください。

村山エリア

山形市

担当:山形市企画調整部企画調整課

TEL:023-641-1212(代)

住まいの支援

住宅支援

暮らしの支援

子育て

  • こども医療給付制度

    0歳~中学校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

  • 親子健やか医療給付制度

    ひとり親家庭等の親子の医療費(保険診療分)の自己負担額が無料となります(対象要件あり)。

  • 保育料支援

    第三子以降の保育料等の無料化、認可外保育施設に通う方への補助を行っています。(利用者負担 軽減補助金)

  • 3人乗り自転車購入費補助

    3人乗り自転車を購入される方に、補助金が交付されます(対象要件あり)。

寒河江市

担当:寒河江市企画創成課

TEL:0237-86-2111(代)

仕事の支援

就農

  • 寒河江市担い手新規就農支援事業

    【営農費助成】
    施設整備、機械購入、基盤整備等の営農に係る経費を助成。45歳未満の新規就農者は、事業費の1/2以内の100万円が限度(45歳~65歳未満の中高年就農者は50万円、夫婦ともに45歳未満で就農する場合は150万円が限度)

  • 寒河江市担い手新規就農支援事業

    【農地賃借料助成】
    10a以上の農地を5年以上賃貸借契約を行った場合に、契約から24月以内の期間を対象とする賃貸料の1/2を助成(ただし、参考小作料が上限)

  • 寒河江市担い手新規就農支援事業

    【海外研修費助成】
    45歳未満の男性就農者又は65歳未満の女性就農者が海外で農業研修を行う場合、交通費、宿泊費、その他研修に直接必要な経費(渡航手続費用、傷害保険料等に要する経費は除く)から他の助成金等を差し引いた額を助成。20万円が限度

  • 新規就農者定住促進支援事業

    【住宅支援事業】
    市外から市内に定住し、新たに市内の農地を活用し農業を始める45歳以下の新規就農者又は農の雇用事業や農業次世代人材投資事業(準備型)等を活用する研修生に対し、家賃の1/2(上限4万円/月)、光熱水費を一律5,000円/月を補助(5年間)

  • 新規就農者定住促進支援事業

    【営農支援事業】
    上記の新規就農者又は研修先への助成を受けない研修生へ、アドバイザー設置費用(営農指導委託料)として5万円/年を助成(2年間)

その他

  • 空き店舗対策支援事業

    市内の空き店舗等を活用した創業を応援します。店舗改装または家賃のいずれかの費用の1/2(最大50万円)を補助しております。

  • 空き店舗情報

    定住・移住して創業される方向けに、空き店舗情報(店舗内部の写真付)を公開しております。

住まいの支援

住宅支援

暮らしの支援

子育て

  • 保育料支援

    子どもが3人以上いる世帯(同一生計)の3人目以降の子どもが保育所等に入所している場合は、当該子どもについては保育料が無料になります。

  • 任意予防接種助成

    ロタウイルス、おたふくかぜ、こどもインフルエンザ(1~18歳)の任意予防接種への助成を行います。

  • 子育て支援医療制度

    0歳~中学校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。平成30年7月より対象者を高校3年生まで拡大します。

  • 総合子どもセンター「ゆめはーと寒河江」

    「ゆめはーと寒河江」は、広くて安全で清潔なスペースで、親子で遊びながら共に成長できるよう配慮した、乳幼児から児童までの健やかな育ちをサポートする施設です。また、子育て支援の拠点として育児相談や子育てに関する情報提供等を行っています。

  • さがえっこ冒険ファンタジーランド

    最上川ふるさと総合公園内にさがえっこ冒険ファンタジーランドを設置しており、『虹の丘すべり台』『チェリンの塔』などの楽しい遊具がいっぱいです。また、未満児用遊具として乗り物を中心とした大型遊具があり、年齢を問わずに楽しめる施設です。

教育

  • 学校給食費助成について

    ①小学校の給食費の半額助成
     小学校給食費の単価を見直し給食内容を充実させますが(260円→280円)保護者が負担する給食費の半額を助成することで、経済的負担を軽減しています。
    ②小学校の第3子以降の給食費は全額助成
     子どもの対象範囲を18歳未満(年度の途中で満18歳に達する日以降最初の3月31日までの者を含む)までとし、小学校に在籍している児童が第3子以降に該当する場合は、給食費全額を助成しています。
    ③中学校給食の充実させた分を助成
     中学校給食費の単価を見直し給食内容を充実させますが(295円→310円)見直し単価分を助成することにより集金額を据え置き、保護者の経済的負担が増えないようにしています。

    学校給食費助成について

上山市

担当:上山市市政戦略課 移住相談窓口

TEL:023-672-1111(代)

仕事の支援

就職

  • カミリク・上山市の企業採用情報サイト

    カミリク・上山市の企業採用情報サイトでは、
    市外に転出した学生等を対象に「上山市で働きたい」と思える、
    そんな魅力溢れる企業を紹介しております。
    また、サイト内では「上山市で暮らしたい」と思えるよう、
    本市の魅力を余すことなくお伝えしております。

就農

  • 果樹販路拡大事業

    対象品目の果樹販路拡大事業に必要な経費の
    2分の1以内に相当する額(上限30万円)を補助します。

その他

住まいの支援

住宅支援

  • 住宅リフォーム等支援事業補助金

    現在上山市に居住している方や新たに上山市に住所を移し居住される方で、
    市内業者の施工で居住部分をリフォームする方に費用の一部を補助します。
    工種、条件により、最大で50万円まで補助します。

  • 持家住宅建設等補助金

    現在上山市に居住している、
    または上山市に住所を移し住まわれる方で
    居住するために住宅を取得または建設する方に対し
    費用の一部を補助します。
    条件により最大で200万円まで補助します。

暮らしの支援

子育て

  • 子育て支援医療制度

    0歳~中学校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

  • 保育料支援

    18歳未満(年度の途中で満18歳に達する日以降の3月31日までの間)の児童が3人以上いる世帯の第3子以降が保育所、認定こども園等に入所している児童の保育料などを無料になります。

  • 子育て世帯の上下水道料金の補助制度

    平成27年度以降に実施される持家住宅建設等補助金の交付決定を受けた方で、上山市に住民登録行い、同居する中学生以下の子供を養育している場合に、納付された上下水道料金の1/2を、最長60月分まで補助しています。

  • 総合子どもセンター「めんごりあ」

    主に就学前の子どもとその保護者を対象にした子育て支援拠点施設です。
    子育てに関する情報及び育児講座の実施、子育て家庭の交流支援、
    子育てサークルの育成、ことばの教室や一時預かり事業などを実施しています。

  • 三世代同居孫守り推奨事業

    就労などにより日中保育できない親に代わり、
    保育所などに預けずに低年齢児(6か月以上2歳未満)の保育を
    3か月以上行う同居の祖父母に対し、5千円/月の補助を行います。

  • かみのやまママフレンド事業

    妊娠中や子育て中の母親を、
    子育てサポーター(市内在住の子育て経験者)が支援する訪問型子育てサポート事業です。
    簡単な家事や育児など、母親と子育てサポーターが一緒に活動を行います。

  • ファミリー・サポート・センター

    子育てを手伝ってほしい人と子育てをお手伝いしてくださる人からなる登録制の会員組織。
    平日の7時から19時まで700円/時間、平日の早朝・夜間、
    土・日、祝日は800円の利用料に対し、300円/時間を助成します。

  • 市営バス・市営予約制乗合タクシー子育て支援事業

    山形県が実施する「子育て応援パスポート事業」の
    パスポートカードを所持する方が市営公共交通機関を利用した場合、
    運賃を無料とします。

ひとり親家庭

  • ひとり親家庭等医療制度

    ひとり親家庭の生活の安定と自立の促進を図るため、ひとり親家庭等医療給付制度を実施しています。

村山市

担当:村山市政策推進課

TEL:0237-55-2111(代)

仕事の支援

就農

  • 村山市いっくど農業ねっづぐプログラム(担い手創造推進事業)

    地域における農業者の人口減少と高齢化の進行が加速する中で、地域農業の維持・発展を図るためには、担い手の確保・育成は喫緊の課題となっています。そこで、市は、農家が農業に携わる就農体験、就農準備、経営開始、経営発展の各段階に応じて支援を弾力的に提供する仕組み「いっくど農業ねっづぐプログラム」を立ち上げ、担い手の創造、確保、育成を総合的に推進しています。

その他

  • 村山市地域雇用創造推進協議会

    村山市の雇用創出に向けて、即戦力人材養成講座やITスキルアップ講座、接客対応力向上講座などの人材育成等の事業を行っています。市民以外にもUIターン希望者も対象です。

住まいの支援

住宅支援

  • 就業者等定住促進助成(賃貸)

    就業者等が村山市に転居し、市内の賃貸住宅に入居する場合の居住に係る経費に対し、1世帯当たり年間10万円。最大3年間まで助成を受けることができます。

  • 村山の「あんばい・いい家」設計活用推進事業(新築)

    村山の「あんばい・いい家」大賞設計コンペにおける入賞作品の設計コンセプトを利用し、市内に住宅を新築する方に、設計費の2分の1(最大150万円)を助成します。

暮らしの支援

子育て

  • 子育て支援医療給付制度

    0歳~中学校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

  • 保育料等半額事業

    市内にお住まいで保育園、児童センター、認定こども園、私立幼稚園、届出保育施設等(旧認可外保育施設)にお子さんが入所している場合、1人目から保育料が半額になります(第3子以降は無料)。

  • 子育て応援すくすく手当

    第3子以降の児童1人当たり、児童手当に月額7,500円まで上乗せして支給します。

  • 子育て応援・定住促進事業

    市に定住することを目的に、住宅の新築、新築建売住宅の購入、土地(中古住宅)を購入する方を対象に最高150万円を補助金として交付する。

ひとり親家庭

天童市

担当:天童市総務部市長公室

TEL:023-654-1111(代)

住まいの支援

住宅支援

その他

暮らしの支援

子育て

  • 医療費助成

    0歳~高校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

  • 第3子以降保育料無料化事業費補助金

    満18歳未満の児童が3人以上いる世帯の第3子以降の児童が、市内の認可保育園、児童館、認定こども園、私立幼稚園、認証保育所、届出保育施設等、事業所内保育施設に入所している場合、保育料などを無料化します。

  • 届出保育施設等子育て支援事業費補助金

    届出保育施設等(認可外保育施設)に児童が入所している場合、その児童の保育料の一部を市が補助します(市外の届出保育施設等に入所している場合についても補助対象)。

教育

その他

  • 結婚新生活支援事業費補助金

    結婚を機に、天童市で新生活を始める新婚世帯の住宅賃借費用の初期経費(家賃、敷金、礼金、仲介手数料)及び引越し費用の一部を補助します。(上限18万円)

東根市

担当:東根市総合政策課

TEL:0237-42-1111(代)

住まいの支援

住宅支援

暮らしの支援

子育て

  • 子育て支援医療給付制度

    0歳~中学校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

  • 保育料支援

    第三子以降の保育料などの無料化、多子世帯で届出保育施設等へ通う方へ補助を行います。

尾花沢市

担当:尾花沢市定住応援課

TEL:0237-22-1111(代)

仕事の支援

就職

  • 尾花沢市無料職業紹介所

    市内の求人に関する情報を掲載しております。掲載情報は、随時更新されます。また、就職に関する相談も受け付けております。

就農

  • 新・農業人参入支援事業

    尾花沢市へ転入し、農業により生計を立てようとしている方を対象に、農家への研修での技術的サポートや、生活費等への経済的サポートにより、独立就農までを支えます。
    ○補助内容
    ・農家の直接指導による研修環境の提供
    ・住宅への支援 月3万円以内(最長2年間)
    ・活動用車両への支援 年間60万円(最長2年間)
    ・生活費への支援 月10万円(最長2年間)
    ・農地の賃借料への支援 1万円/10a以内(上限10万円)
    ・資材代、種苗代等への支援 上限30万円

住まいの支援

物件探し

  • おばなざわ空き家情報サイト

    住宅所有者から登録いただいた物件情報を、利用希望者に提供しています。
    内覧をご希望の場合は、必要に応じて市職員が同行します。

住宅支援

  • 住宅の新築や宅地取得への助成(購入)

    宅地を購入し住宅を新築される場合に、最大300万円を助成します。また、中古住宅(宅地を含む)を購入する場合、最大200万円を助成します。

  • 民間賃貸住宅等家賃助成事業(賃貸)

    市内の民間アパート等(空き家を含む)に入居した若者世帯または移住世帯に対し、月額家賃の20%で上限2万円を、最長3年間助成します(年齢等一定の要件あり)

  • 空き家改修への助成

    (1)対象となる空き家 空き家バンクに登録されている空き家
    (2)対象者 転入者又は子育て世帯等
    (3)助成内容
     ・購入して改修する場合、改修費用の2/3で上限100万円を助成
     ・賃借して改修する場合、改修費用の2/3で上限70万円を助成

  • 新婚世帯への住まいに関する助成

    平成30年1月1日以降に婚姻した新婚世帯(所得要件あり)を対象に、住居費(賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料)や引っ越し業者へ支払った引っ越し費用など最大30万円を助成

暮らしの支援

子育て

  • 出産祝い品の贈呈

    尾花沢市では、赤ちゃん出産のお祝いに記念品や商品券など贈呈しています。
    (第1・2子目は、5万円相当、第3子目は10万円相当)

  • 医療費助成

    0歳~高校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

  • 尾花沢市家庭保育応援給付金

    2歳未満のお子さんをご家庭で保育されている方を対象に、月7,000円を給付。
    (3世代以上の世帯に該当する場合は、月5,000円を加算)

  • 保育料の軽減

    18歳までの兄弟姉妹を持つ
    第2子目が半額(同時入所は無料)
    第3子目は無料です。

山辺町

担当:山辺町政策推進課

TEL:023-667-1110

仕事の支援

就職

  • 求人情報

    お隣の山形市など、山辺町から通勤圏内の求人情報はハローワークやまがたでご案内します。
    ⇒☎023-684-1521【山形公共職業安定所】

就農

  • 新規就農者支援

    農業次世代人材投資資金。次世代を担う農業者を目指す方(45歳未満)の就農前の経営確立を支援します。
    (年間最大150万円、最長5年間)

その他

  • 空き店舗助成

    中心市街地の空き店舗を活用して事業を営むものに対して店舗改装経費(最大100万円)賃貸借料(最大60万円)の一部を補助します。

住まいの支援

住宅支援

  • 住宅リフォーム支援事業補助金

    町民が自ら居住する住宅を町内または県内の施行業者を利用してリフォームを行う場合に工事費用の一部を助成します。

暮らしの支援

子育て

  • 子育て支援医療助成

    0歳~中学校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

  • 保育料支援

    小学校就学前の子どもが2人以上いる場合の保育料が、第2子は半額、第3子以降は無料です。ただし、年収約360万円未満相当の場合、年齢制限は適用せず、生計が同一の子どもであればカウント対象となります。また、認可外保育施設入所児童への保育料の助成もしています。

  • 予防接種費用助成

    おたふくかぜ予防接種の費用を助成をします。

  • ようこそ赤ちゃんオリジナルギフト

    オリジナルのギフトと応援メッセージを贈っています。また、ブックスタートとして、絵本一冊をプレゼントしています。

  • 子育て支援センター

    就園前の親子を対象として、子育て広場、子育て情報提供、育児相談等を行っています。

  • 一時的保育

    一時的に家庭での保育が困難となる1歳以上小学校就学前までの児童の保育を行っています。

  • ファミリーサポートセンター

    子育ての援助を受けたい人と行いたい人が会員になり、相互援助を行います。

  • 5歳すくすく検診

    5歳児(年中児)を対象に、親子体操や遊びをとおして発達の確認や子育て支援を目的とした検診を行っています。

教育

  • 特別支援教育の充実

    特別な支援を必要とする子どもへの就学支援や早期サポートに努めています。幼保小中が連携して一人一人に合った支援を行います。

中山町

担当:中山町政策推進課

TEL:023-662-2111(代)

住まいの支援

住宅支援

  • 中山町住宅リフォーム総合支援事業補助金

    住宅の居住環境の質の向上を図るため、町民(転入予定者を含む)が行う住宅のリフォーム等工事に対して一部を補助します。
    (1)一般リフォームは工事費の15%補助 上限30万円(県産木材3m³以上使用または空き家活用タイプは上限45万円)
    (2)三世代世帯、移住世帯、近居世帯、新婚世帯、子育て世帯の要件を満たす場合は工事費の30%補助 上限45万円(県産木材3m³以上使用または空き家活用タイプは上限60万円)

  • 中山町住宅用太陽光発電システム補助金

    地球温暖化防止を推進し、太陽光エネルギーを利用した発電システムの普及を図るため、中山町の区域内において住宅用太陽光発電システムの設置に要する費用に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。

暮らしの支援

子育て

その他

  • 中山町特定不妊治療費助成

    特定不妊治療を受けている夫婦に、県の助成限度額を超えた部分について、1回の治療につき30万円を上限に助成します。

河北町

担当:河北町政策推進課総合案内係

TEL:0237-73-2111(内線225)

仕事の支援

就農

  • かほくさくらんぼ塾(河北町就農研修生受入協議会)

    河北町では就農希望者を継続的に受け入れるため、平成29年2月17日に「河北町就農研修生受入協議会」が新たに設立されました。
     協議会では、県内外から広く研修生を募集し、短期・長期研修の実施を行うほか、就農研修生の独立や独立後の農業経営などについても、しっかりサポートしていきます。

その他

住まいの支援

住宅支援

  • 河北町移住定住促進事業費補助金(購入)

    転入する前1年以上町外に住んでいた方が、河北町に住宅を新築または購入して住む場合、最大で100万円の補助が受けられます(上乗せの条件があります)。

暮らしの支援

子育て

  • 子育て支援医療

    0歳~中学校3年生までの医療機関の窓口で支払う保険適用医療費の自己負担分はありません。

  • 保育料支援

    小学校就学前の範囲で、特定教育・保育施設等を同時に利用する最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降は0円となります。

  • 河北町児童手当

    国の児童手当に上乗せする町独自の児童手当を支給します。

西川町

担当:西川町政策推進課

TEL:0237-74-2112

仕事の支援

就職

  • 西川町近辺の就業(求人)情報を毎週更新中!

    にしかわぐらし(移住定住ポータルサイト)では、毎週就業(求人)情報を更新しています。

  • 西川町雇用促進奨励金

    町内に在住し、町内外に就労した新規学卒者に奨励金を交付します。

    【対象者】
    ・中学校、高等学校、待機大学、大学、大学院、専修大学、各種学校等を卒業後2年以内のもの
    ・町内又は町外の事業所に正規の職員として雇用され、概ね6ヶ月以上就労し、町内に住所を有しているもの など

    【補助金額】
    ・町内事業所に正規従業員として雇用された場合本人へ100,000円
    ・町外事業所に正規従業員として雇用された場合本人へ30,000円

就農

  • 西川町農業担い手育成協議会

    体験農業の実施、農業研修生の受け入れと育成、独立就農後の支援、農地賃借への協力等など行っています。

    農業担い手育成協議会のご紹介

  • 新規就農者等生活支援事業

    西川町に住所を移し、農業を行う方に対し、家賃・光熱水費を補助します。

    【対象者】
    西川町に住所を移し、農業を行おうとするもの

    【補助金額】
    家賃20,000円/月、光熱水費5,000円/月

  • 技術習得支援事業

    農業機械等の操作や簿記等の専門技術を習得するための経費への助成を行っています。

    【対象者】
    町内にて農林業等経営1年未満のもの

    【補助額】
    当該事業経費の1/2以内

住まいの支援

住宅支援

  • 西川町住宅建築支援事業

    町内に居住する方の住宅新築、増改築リフォーム、耐震改修に対し補助します。

    【対象者】
    自らの居住する住宅の新築・リフォームであること、町内の建築、建設業者等の契約することなど

    【補助率】
    ・新築の場合:対象工事費の10%以内の額または80万円のいずれか低い額
    ・住宅の増改築の場合:対象工事費の10%以内の額または50万円のいずれか低い額
    ※町内製材業者からの木材購入等の加算補助制度もあります。

その他

  • 西川町暮らし体験住宅

    西川町に移住を検討している方が利用できる、町営賃貸集合住宅を利用した西川町暮らし体験住宅があります。(利用料は21,000円(光熱水費含む)。期間は1ヶ月以上2カ月以内)

  • 西川町移住サポートセンター

    移住相談の総合窓口、現地案内の実施等を行っています。

暮らしの支援

子育て

  • 子育て祝い金

    全出生児に対し祝い金10万円を支給しています。

  • 医療費助成

    0歳~中学校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

  • 保育料支援

    第3子以降の保育料を無料化しています。

  • にこにこおしり応援事業

    2歳未満までおむつ代(上限月額3,000円)を助成しています。

  • 不妊治療助成事業

    不妊治療を受けている夫婦に対し、経済的負担の軽減を図るため、その医療費の一部を助成しています。(不妊治療にかかる検査費及び診療費の額から、不妊治療に要した医療費の自己負担額に係る給付額を控除した額の2分の1に相当する額)

  • 子育て支援センター

    子育て中の父母や祖父母などが利用でき、子育てに関する情報交換や相談を行うところで、自由に遊べる場所を提供するところです。

  • ファミリーサポートセンター

    ファミリーサポートは、地域における育児に関する相互扶助のことで、「育児の援助を受けたい方」と「育児の援助をしたい方」が会員として組織し、センターが橋渡し役として会員同士が子どもの世話を一時的に有料で援助し合う組織です。

教育

  • 西川町奨学金制度

    学校教育法に規定する高等学校、専修学校、短期大学または大学に在学する方で、学費の負担が困難と認められる方に対し、奨学金を無利息で貸与します。

    【奨学金の額】
    ・高等学校に在学の方 月額20,000円以内
    ・大学、短期大学、専修学校、保健師助産師学校養成所指定の学校及び養成所に在学の方 月額30,000円以内

  • 放課後子ども教室

    放課後や土曜・長期休業期間などにおいて、留守家庭児童の安全で健やかな居場所「子ども教室」を確保することを目的として、「西川小学校ミーティングルーム(体育館1階)」で実施しています。

    【対象者】
    西川小学校児童

朝日町

担当:朝日町政策推進課

TEL:0237-67-2112

住まいの支援

物件探し

  • 空き家等バンク制度

    空き家のほか、空き店舗、宅地、農地について広く情報発信をしています。
    気になった方は、是非ご覧ください!!

住宅支援

  • 農業研修生等宿泊施設

    賃料無料!!
    最大4年間の居住が可能です!!
    ※入居できる方は、次に記載する方となります。
     (1)町内において農業の研修及び実習をしている者とその家族又は農業の研修及び実習を予定する者とその家族
     (2)新規就農者のうち、新たに農業の経営を開始する目的で朝日町に転入し、就農して5年以内の者とその家族
    ※その他朝日町農業研修生等宿泊施設の設置及び管理に関する条例(平成28年条例第17号)による。

その他

  • 現地案内

    役場職員が空き家等の案内をしています。

暮らしの支援

子育て

  • すこやか出産祝品

    お子さんの誕生を祝して、町より祝品を贈呈します。

  • 医療費助成

    0歳~中学校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

  • 保育料支援

    第2子(3歳以上児)の保育料の月5,000円定額化、第3子以降(3歳以上児)の保育料を無料化しています。

大江町

担当:大江町政策推進課

TEL:0237-62-2118

仕事の支援

就農

  • 大江町就農研修生受入協議会(OSINの会)

    大江町では、新規就農者の確保・育成のため、平成25年4月17日に大江町就農研修生受入協議会(通称:OSINの会)を立ち上げ、就農研修生を受け入れる態勢を整えています。

その他

  • 大江町若者起業支援事業補助金

    町内における商工業の活性化を目的として、若者(4月1日時点で45歳未満)による事業計画性の高い起業や第二創業に必要な費用に対し、500万円または300万円を町が補助します。

住まいの支援

住宅支援

  • 住宅建築奨励事業

    町内に住宅の新築、増築、除却、リフォーム等工事を行う際に最大50万円の補助を受けられます(様々な要件あり)。

その他

  • 大江町型住宅体験施設

    大江町型住宅の魅力をより深く味わって頂くための宿泊体験が出来ます。(使用料は1人あたり3,500円(平日)・4,000円(日曜日及び祝祭日の前日)、2人以上からの申込みで定員8名)

暮らしの支援

子育て

  • すくすく出産祝い金

    出生児1人につき30,000円分の町内で使用可能な商品券を支給します。

  • 医療費助成

    0歳~中学校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

  • 保育料支援

    同一世帯から2人以上の児童が認可保育園、幼稚園、その他の施設に入所している場合において、年齢が高い方から数えて2人目以降の児童が町の決定により入所した場合、2人目以降の保育料が半額、3人目以降は無料です。

教育

  • 大江町ふるさと奨学金

    大江町では平成23年度から「ふるさと奨学基金」を設け、高校生・大学生の就学を支援するため、無利子で奨学金を貸与する「大江町ふるさと奨学金」を創設しています。

    大江町ふるさと奨学金概要

大石田町

担当:大石田町まちづくり推進課

TEL:0237-35-2111(代)

仕事の支援

就職

  • 資格の取得に助成!

    希望する就労やキャリアアップに必要な「資格」・「免許」等の取得に対し、対象経費の1/2を助成します。
    ※求職者・非正規雇用者の方は上限10万円、正規雇用者の方は上限5万円となります。
    ※対象となる資格・免許は、町が定める国家資格及び国家検定を基本とします。
    ※普通自動車免許、普通自動二輪車免許、大型自動二輪車免許及び原動機付自転車免許は、対象となりません。
    ※公務員や公共的団体に勤務する方は、対象となりません。

就農

  • 新規就農を応援します!

    次世代を担う就農者支援と就農後の定着を図るため、国の制度を活用し、最長5年間、年間最大150万円の給付金を交付します。

その他

  • 6次産業化を支援!

    町の資源や特性を活用し、商品開発による起業や新たな販路開拓など、町内における6次産業化や新たなチャレンジを後押しするため、対象経費の一部(上限10万円)を助成します。
    ※新たな営業許可取得・設備費・販路開拓・デザイン改良・特産品開発等に要する経費を対象とします。

住まいの支援

住宅支援

  • 大石田町定住促進助成金

    大石田町への定住と移住促進を図るため、住宅を新築、又は新築住宅を購入する方へ最大100万円、中古住宅を購入された方へ最大で75万円の助成金を交付します。
    ※建築主の年齢、世帯構成などによる加算要件のほか、助成には条件がありますので、必ず事前にご相談ください。
    ※増築は対象になりません。
    ※住宅の新築・購入:最大100万円(基本助成50万円+建築主加算30万円+子育て世帯加算10万円+町内業者加算10万円)
    ※中古住宅の購入:最大75万円(基本助成35万円+建築主加算30万円+子育て世帯加算10万円)

  • 住宅リフォーム支援事業補助金

    住宅リフォーム支援事業は、県内の業者と契約し、一定の要件を満たした住宅の増改築工事やリフォーム工事、耐震改修工事を行う場合に工事にかかった費用の一部を補助する事業です。
    ※詳しくは、町のホームページをご覧ください。

暮らしの支援

子育て

  • 出産祝い金を支給します!

    町の宝である子供たちを安心して生み育てられる環境づくりを目指し、出産祝金を支給します。
    ※第1子:50,000円、第2子:100,000円、第3子以降:200,000円の祝金を支給します。

  • 医療費を無料化!

    0歳から中学校3年生まで全ての子どもの医療費を無料化しています。

  • 保育料の負担軽減!

    所得要件等がありますが、多子世帯の負担軽減を図るため、第2子が半額、第3子以降を無償。ひとり親世帯等についても無償化や半額などの支援があります。

  • 特定不妊治療費への助成

    特定不妊治療(体外受精及び顕微授精、男性不妊治療を含む)を受けているご夫婦に、特定不妊治療費の一部を助成します。

教育

  • 子育て環境が充実!

    子育て支援や生涯学習の拠点となる「子育て世代活動支援センター」・「図書館」・「多目的ホール」などの機能を集約した複合施設『虹のプラザ』が完成しました。

その他

  • 雪対策が充実!

    大石田町は県内でも有数の豪雪地ですが、様々な雪対策が充実しています。
    特に流雪溝は多くの地区に整備されており、雪処理の負担が軽減されます。
    ※流雪溝とは・・・道路の側溝に水が流れており、雪を捨てることができます。

最上エリア

新庄市

担当:新庄市総合政策課

TEL:0233-22-2111(代)

暮らしの支援

子育て

  • 子育て支援医療

    0歳~中学3年生の自己負担額を助成する医療証を交付(外来・入院問わず全自己負担額を助成)します。

  • 保育料支援

    多子世帯における経済的負担軽減のため、市内に住所を有する第3子以降児童が認可保育所、認可外保育施設及び児童館に入所している場合、保育料等を免除します。

  • 特定不妊治療費の助成

    特定不妊治療(男性不妊治療を含む)に要した費用が山形県の助成の限度額を越えた夫婦に、1回の治療につき10万円を限度として助成金を交付します。 

金山町

担当:金山町総務課総合政策係

TEL:0233-52-2111(代)

住まいの支援

その他

  • 金山暮らし体験住宅

    利用期間は3泊4日~1カ月、利用料はお1人様1,500円、2人目から1人500円(小学生及び中学生半額・未就学児無料)になります。

  • 現地案内

    現地案内等をしています。

暮らしの支援

子育て

  • 出産祝い金

    第1子10万円、第2子20万円、第3子30万円、第4子以降50万円を現金および商品券で交付します。

  • 子育て支援医療の助成

    中学校卒業まで医療費を助成します(無料対象になる医療費:入院、外来、調剤等保険適用分の医療費)。

  • 多子通園費助成事業

    認定こども園・幼稚園・保育所に通園している2人目以降の子の保育料を助成します。

  • 認可外保育施設入所者多子負担軽減補助金交付事業

    兄弟姉妹が認定こども園と認可外保育施設に同時に通っている場合や、認可外保育施設に2人以上同時に通っている場合に、保育料の補助を行っています。

最上町

担当:最上町総務課まちづくり推進室

TEL:0233-43-2261

住まいの支援

住宅支援

暮らしの支援

子育て

  • 出生育児応援交付金

    第1子と第2子に5万円、第3子以上16万円(商品券と現金を併せて)贈呈します。
    平成29年度からは上記に加え、町産木材を使って作成した子育て応援玩具「HAGUKUMI」についても贈呈して
    います。

  • 子育て支援医療助成

    中学校3年生までの子どもを対象に、医療保険(健康保険)の自己負担金が助成されます。

  • 保育料支援

    3歳児以上が町内の保育施設を利用する場合は 保育料が0円となっています。

  • 子育て応援玩具『HAGUKUMI』プレゼント!

    最上町では平成29年度より少子化対策及び子育て支援の充実と、木質バイオマスエネルギー推進対策の一環として、やまがた緑環境税を活用し町産木材を使った子育て応援玩具『HAGUKUMI』を出産育児応援交付金に添えてご家族にお贈りしています。

    HAGUKUMIの特徴
    ・町産の木材を使用したパズル型の積木です。16個のピースを組み合わせると杉の絵が現れます。
    ・『下山製材』より間伐材料提供、『ヤハギ企画』がデザインし『北村建具店』が加工。全て町内の業者で制作しています。
    ・『新庄北高最上校地域活動部』がやすりがけや塗装と、ご家族にむけたお祝いのメッセージを記入しています。
    ・町を象徴する森林をイメージしたデザインで、赤ちゃんが遊べるシンプルな作りとなっております。
     やすりがけで角を丸くし、安全性の高い塗料を使用しているので、赤ちゃんが舐めたり噛んだりしても大丈夫!安心して遊ぶことができます。

    子育て応援玩具「HAGUKUMI」

その他

  • 「森が人をつなぐ町」最上町の再生可能エネルギー

    最上町は地域の貴重な資源である再生可能エネルギーの地産地消と循環型社会の実現を目指しています。

    最上町の再生可能エネルギー

舟形町

担当:舟形町まちづくり課

TEL:0233-32-2111(代)

仕事の支援

就職

  • 舟形町・最上地域への就転職活動の交通費を支援します。

    18歳以上35歳未満の者であり、以下に該当する場合は、往復交通費の半額(上限1万円まで)を助成します。詳しくはHPをご覧ください。
    【要件】
    ①舟形町内企業に対して就転職活動をする者
    ②3親等以内の親族が舟形町内に住居を有する者で、通勤1時間圏内の企業に就活をする者

    チラシ

  • 有償インターンシップの実施を支援します。

    有償インターンシップとは、通常のインターンシップとは違い、賃金をもらいながら行うインターンシップです。
     賃金が発生することで、企業からは社員に近い仕事を任せてもらうことができ、より深くその企業を知ることができます。
     有償インターンシップはチラシやHPに記載している企業で実施していますので、ご相談ください。

    チラシ

住まいの支援

住宅支援

  • 住宅支援(購入)

    移住された方が、町内に住宅を新築する際に様々な補助金を交付しています。

暮らしの支援

子育て

  • 子ども養育支援金

    1人当たり10万円を生後6ヵ月以降に交付します。

  • 子育て支援医療

    未就学児と小・中学生までの医療費が無料になる医療証を交付します。また高校生世代(中学卒業後3年間)の医療費を助成します。

  • 18歳までの医療費無料

    未就学児と小・中学生までの医療費が無料になる医療証を交付します。また高校生世代(中学卒業後3年間)の医療費を助成します。

  • 保育料の半額助成

    舟形ほほえみ保育園または近隣市町村の保育所等に入所している3歳以上の保育所利用者に対し、保育料の1/2を給付します。

  • 小児インフルエンザ予防接種助成

    中学生以下を対象に、インフルエンザ予防接種に対して助成を行います。

ひとり親家庭

真室川町

担当:真室川町交流課

TEL:0233-62-2111(代)

仕事の支援

就農

  • 農業次世代人材投資資金

    詳しくは真室川町役場農林課までお問い合わせください。

その他

  • 空き家空き店舗活用支援事業費補助金

    補助対象者:町内において、空き家き店舗を利用して行う建設業、製造業、情報通信業、卸売・小売業、飲食店、宿泊業、教育・学習支援業、サービス業等を行う方のうち、真室川町空き家空き店舗活用支援事業費補助金交付要綱で定められた要件を満たす方
    補助対象費:施設整備費、設備費、備品購入費、その他経費(全体の1/3を超えない範囲とする)
    補 助 額:上限150万円(補助率:補助対象経費の1/2)

住まいの支援

住宅支援

  • 真室川町住環境快適サポート補助金事業

    ・真室川町民、又は転入して町民となる予定の方が住宅を新築するとき、工事費の5%(最大50万円)を補助します。
    ・リフォーム等工事を行う場合工事費の10%(最大30万円)を、子育て世帯や町外からの移住世帯など特定世帯の方の場合は工事費の20%(最大40万円)を補助します。
    ・下水道区域外に居住する方、又は転入して居住する予定の方が合併浄化槽を新たに設置する場合、工事費のうち浄化槽本体の購入費、設置作業費について補助(最大75万円)します。
    ※詳しくは真室川町役場建設課までお問い合わせください。

  • 真室川町子育て応援住宅

    主な入居資格
     ・18歳以下の子がいる夫婦世帯又は妊婦がいる夫婦世帯
     ・本町に住所を有している又は町外から本町に転入すること
     ・指定の家賃保証会社と、保証委託契約を締結できること
     ・暴力団関係者でないこと
     ・市町村税を滞納していないこと
     ・行政区へ加入すること
    敷金
     ・家賃(月40,000円)×2ヵ月分
    入居期限
     ・同居している全ての子が18歳となる年まで
    申込方法
     ・申込書及び添付書類を真室川町役場建設課まで提出してください。申込書は建設課窓口又は真室川町ホームページから取り寄せできます。

暮らしの支援

子育て

  • 子育て医療費助成

    中学校生以下のお子さんは、医療費が助成されます(要綱により)。

  • 保育料支援

    第1子・第2子の保育料を半額、第3子以降は全額を減免します。

大蔵村

担当:大蔵村総務課

TEL:0233-75-2111(代)

仕事の支援

就農

  • 農業次世代人材投資事業

    農業を始めてみたいという方に対し、農業技術や経営ノウハウ習得のための研修を行い、経営を確立するための支援として、1年目に200万円を支給します。

住まいの支援

住宅支援

  • 大蔵村子育て支援住宅「どんぐり」

    小学生までのお子さんがいる世帯、または出産予定の世帯が入居できます。(ただし、子どもが小学校卒業までの期限付きとなります。)
    使用料は子どもの人数により30,000円~40,000円。
    メゾネットタイプの集合住宅。3LDKで2台分の駐車場付きです。

暮らしの支援

子育て

  • 誕生祝金

    子どもの誕生をお祝いし、第1子~第3子には10万円、第4子以降には30万円を支給します。

  • 子育て支援医療制度

    0歳児~中学3年生まで健康保険適用医療費の自己負担額が無料になります。

  • 保育料支援

    第2子半額、第3子以降の保育料を無償化しています。(中学卒業までの兄弟がいる場合、ただし、未満児適用外)

教育

  • 村営学習教室「未来塾」

    小学校5・6年生、中学生を対象に村営の学習塾を開催しています。教科は、小学生は算数と英語、中学生は数学と英語です。

鮭川村

担当:鮭川村むらづくり推進課

TEL:0233-55-2111(代)

住まいの支援

住宅支援

  • 住宅リフォーム総合支援事業費補助金

    村内に居住する方、もしくは村内に移住予定の方に対して、住宅のリフォームや耐震改修工事の費用を補助。三世代同居や移住等の場合には支援を拡充。空き家活用、村内業者との契約、生活排水設備の新設にはさらに嵩上げ(最大80万円)

  • 鮭川村浄化槽設置整備事業費補助金

    農業集落排水区域外の村民で、処理能力10人以下の合併浄化槽を設置しようとする方に、補助します。

    補助概要
     5人槽:最大621,000円
     7人槽:最大779,000円
    10人槽:最大951,000円

暮らしの支援

子育て

  • 出産祝金

    第1子は10万円、第2子は20万円、第3子以降は30万円を支給します。

  • 子育て支援医療助成

    0歳児~高校生世代までを対象に医療費自己負担額の全額を助成しています。
    (平成30年度に「中学校卒業まで」から拡充)

  • 保育料支援

    第3子以降(同時入所に係わらず)の保育料が無料です。
    第2子は同時入所の場合に半額減額です。

  • 児童手当

    中学校修了前までの児童を養育する保護者に対して、月額3歳未満1万5千円、3歳以上小学生1万円(第3子以降1万5千円)、中学生1万円を支給します。※所得制限あり

  • 特別児童扶養手当

    障害のある20歳未満の児童を養育している保護者に対して支給、特別月額51,700円(1級)、34,430円(2級)を支給します。※所得制限あり
    支給時期:4月・8月・12月の年3回

  • 小児インフルエンザ予防接種

    村内に居住する方で、予防接種料金を助成します。生後6か月から13歳未満2回接種(1回目3,000円、2回目2,000円)、13歳以上中学3年まで1回接種(1回2,500円)

  • おたふくかぜ予防接種

    村内に居住する方で、1歳から保育所年長児相当の子どもに対し、各予防接種1回につき4,000円の助成

  • 平成30年度 鮭川村母子保健事業

    妊娠・出産・子育てをサポートします。
    平成30年度の母子手帳交付や定期健診、予防接種や子育てに関する相談日などスケジュールは別添のとおりです。

    平成30年度鮭川村母子保健事業

ひとり親家庭

  • 児童扶養手当

    1人親家庭で18歳以下の児童(障がいのある子は20歳の誕生日まで)を養育している人に月額最大42,500円を支給。(第2子は10,040円、第3子以降は6,020円ずつ加算)※所得制限あり

教育

  • 入学祝金

    小学校等入学時に1人3万円を支給
    中学校等入学時に1人5万円を支給

  • 学校給食費完全無償化

    平成29年度より、子育て支援の一環として、児童・生徒の学校給食費を無償化しています。無償化の対象となるのは、鮭川小・鮭川中学校に通う児童・生徒です。
    (一人当たりの年間給食費:小学生54,000円、中学生63,000円)
    保護者の方々の教育に係る費用の負担を軽減し、子育て支援の向上・教育環境の充実を目的としています。
    本村における学校給食は、自校給食を実施しており、きのこ給食など地産地消についても積極的に推進しています。今後も本村の特色を活かし、児童・生徒に対し、安心で安全な温かい給食を提供しています。

  • 教育振興修学資金貸付(奨学金制度)

    私立高校や専門学校、大学等の修学に必要な費用を貸付する制度です。
    〇4年制大学、6年制大学(医学部、薬学部等)
     貸付金額:年額60万以内(月額5万以内)
     貸付利子:無利子
     償還期間:10年以内(据え置き6ヶ月)
    〇短期大学、専門学校等
     貸付金額:年額60万以内(月額5万以内)
     貸付利子:無利子
     償還期間:5年以内(据え置き6ヶ月)
    〇高等学校(私立のみ)
     貸付金額:年額24万以内(月額2万以内)
     貸付利子:無利子
     償還期間:5年以内(据え置き6ヶ月)

その他

  • 特定不妊治療費助成

    村内に居住する方で、妊娠を希望する夫婦に対し、不妊治療の費用を助成。特定不妊治療費助成(体外受精・顕微授精)1回10万円を上限に年3回まで助成。

  • 妊婦健診助成事業

    妊婦健診等の費用の一部を助成する事業。妊婦健診は14回分、子宮頸がん検診やクラミジア検査、HTLV-1検査、早産予防のための超音波検査などに助成。

  • 脳ドック受診費用助成

    40歳以上で、脳ドック受診にかかる費用の一部を助成します。(上限20,000円)

  • 高齢者インフルエンザ予防接種

    インフルエンザによる重症化予防のため、65歳以上の高齢者の予防接種料金を助成します。助成額4,000円

  • 高齢者肺炎球菌予防接種事業

    予防接種法に基づく対象者に対し、4,000円の助成

  • 骨髄移植ドナー支援事業

    提供が完了した日に村内在住の方で、提供のための休暇制度がない事業所等に勤務する方に対し、20,000円×通院等に係る日数(上限7日間)最大140,000円を助成します。

  • さけがわ健康マイレージ事業

    村の健康づくり教室や各種がん検診等を受診した方にポイントを付与し、一定ポイントに到達した方に特典を付与することで自発的な健康づくりに関する意識の醸成を行います。
    対象者:20歳以上の方
    特 典:
    県内で使用できる「やまがた健康づくり応援カード」(30ポイント到達)
    村内で使用できる「さけがわ健康づくり応援券」(50ポイント到達)

  • 県外から鮭川村に移住された世帯への「米、味噌及び醤油」の提供

    山形県、市町村、JA全農山形や山形県醤油味噌工業協同組合が連携し、県外から鮭川村へ移住された世帯に対し、米どころ山形の県産米や味噌・醤油を提供します。

戸沢村

担当:戸沢村総務課

TEL:0233-72-2111(代)

暮らしの支援

子育て

  • 出産祝金

    お子様が誕生した際に、第1子に3万円、第2子に7万円、第3子以降に10万円を支給します。

  • 医療費助成

    中学生までの医療費が無料です。

  • 保育料支援

    兄弟で同時入所の場合2人目は半額、18歳以下の子どもが3人以上いる世帯のうち、第3子以降の子どもの保育料は無料となります。

置賜エリア

米沢市

担当:米沢市総合政策課 地域振興担当

TEL:0238-22-5111(代)

住まいの支援

住宅支援

  • 空き家利活用支援事業補助金(購入)

    居住を目的に空き家を購入された個人の方に対して、空き家の購入に要する費用について、通常30万円を限度としているが、移住者の場合は限度額が50万円に加算されます。

暮らしの支援

子育て

長井市

担当:長井市地域づくり推進課

TEL:0238-87-0817

仕事の支援

就職

就農

住まいの支援

物件探し

住宅支援

暮らしの支援

子育て

  • 子育て支援医療制度

    0歳児~中学3年生までの医療費が無料です。

  • 多子世帯の保育料等負担軽減事業

    同じ世帯に就学前の児童が2人以上いる、且つそれら児童が2人以上保育施設等に入っている世帯の方に対して保育料の負担軽減事業を行っています。(児童センター使用料が第2子半額、第3子以降全額免除など)

  • BabyBoxについて

    子育てを応援する事業のひとつとして、子どもが生まれた世帯を
    地域みんなで歓迎し、一緒に育てていくという気持ちをBabyBoxに込めました。

南陽市

担当:南陽市みらい戦略課

TEL:0238-40-3211(代)

住まいの支援

住宅支援

暮らしの支援

子育て

高畠町

担当:高畠町企画財政課

TEL:0238-52-1112

住まいの支援

住宅支援

  • 若者定住促進事業助成金(購入)

    高畠町に定住する目的で住宅を取得する若者家族世帯に助成します。(町外から移住する方と、東日本大震災による原発事故のため避難をしている方には、住宅取得費の10%で最大50万円)

その他

  • 現地案内等

    地域おこし協力隊が中心となり、現地案内や地元住民との体験交流イベントを開催します。

暮らしの支援

子育て

川西町

担当:川西町まちづくり課

TEL:0238-42-6613

住まいの支援

住宅支援

  • 若者向け住宅支援事業(購入)

    定住の意思をもって町内に住宅を取得する若者夫婦世帯等に対して、補助金を交付します。

  • 現地案内

    担当職員等が案内します。

暮らしの支援

子育て

  • 出産祝い

    出産時、カタログから選べる出産祝い品を支給します。

  • 子育て支援医療

    中学3年生までの医療費(保険診療の自己負担分)の助成をします。

  • 保育料支援

    保育施設を利用するお子さんの人数により保育料を軽減します。

  • 私立幼稚園就園奨励費

    私立幼稚園に通うお子さんの保護者の経済的負担を軽減するため、入園料・保育料を補助します(※新制度による給付を受ける幼稚園を利用する場合は、本助成の対象とはなりません)。

小国町

担当:小国町産業振興課

TEL:0238-87-0821

仕事の支援

就職

  • 小国町内の求人情報(ハローワーク情報)

    ハローワークへ登録された求人のうち小国町をおもな就業場所としている求人情報を掲載しています。内容は随時更新していますが、既に雇用が確定している場合もありますのでご了承ください。求人の詳細については、求人番号にてハローワーク長井へ確認ください。

  • 小国町で起業・創業する方を支援します

    起業セミナーを開催するほか、起業支援の助成金を交付します。
    【助成金】
    個人20万円、団体30万円が上限です。
    詳しくはホームページ等をご覧ください。

就農

  • 農業の担い手育成を支援します

    新規就農を目指す方に交付金(創農チャレンジ交付金)を交付します。
    1人あたりの上限額は1年間120万円です。
    詳しくは産業振興課までお問合せください。
    0238-62-2408

その他

住まいの支援

その他

  • 小国町お試し滞在補助金

    移住やUターンを目的として、小国で住居や仕事を探す等の活動を行うかたに、交通費や宿泊費の一部(上限24,000円/世帯)を助成します。

暮らしの支援

子育て

  • 出産支援金を支給します

    母子健康手帳の交付を受けてから30日以内の妊婦のかた一人に対して5万円(祝金2万円と白い森共通商品券3万円分)を支給します。

  • 0~18才以下の医療費はかかりません

    0歳児から高校生世代(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)までの医療費(保険適用外を除く)を助成します。

  • 保育料を支援します

    第2子半額、第3子以降が無料等、保育料の負担軽減を行っています(条件あり)。

  • 不妊治療費を助成します

    指定医療機関において特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けたご夫婦に治療費の一部を助成します。

  • 18才未満の方がいる世帯へ転居費を支援します

    町外から転入する18歳未満の世帯員がいる世帯主へ、転居費を助成します。
    1件あたりの上限は10万円です(実費と10万円を比較し、低い額を助成します)

  • 病後時保育始めました

    病気の回復期にあり、集団または家庭での保育が困難なお子さまを健康管理センター内の専用保育室で、看護師と保育士が連携してお預かりする施設です。
    詳しくはホームページをごらん頂き、事前登録をお願いします。

ひとり親家庭

  • 0~18歳以下のお子様は医療費がかかりません

    ひとり親家庭等の医療費を全額助成する制度です。受診する医療機関等の窓口にひとり親家庭等医療証と健康保険証を提示することにより助成が受けられます。ただし、医療証が使用できるのは、山形県内の医療機関等のみです。

  • 町外から転入するひとり親の皆様に転居費を支援します

    移住を目的として転入した18歳未満の世帯員がいる世帯主に対し、転居費を助成します。
    1件あたりの上限は10万円です(実費と10万円を比較し低い金額を助成します)

教育

  • 高校修学費助成

    町外から転入し、小国高校へ転入したお子様がいる世帯に、小国高校修学費を毎月12,000円助成します。

白鷹町

担当:白鷹町商工観光課

TEL:0238-85-6126

住まいの支援

住宅支援

  • すまいる住まい!若者定住サポート事業(購入)

    定住の意思を持ち、住宅の新築や新築建売住宅の購入を行う際に、町外から転入される移住世帯へ100万円を補助します。(世帯主が50歳未満で世帯員全員が町内に転入する場合)
    ※下記の「すまいる!四季の郷駅」定住促進プロジェクト」と併用可能です。

  • すまいる!四季の郷定住促進プロジェクト(購入)

    町が販売する土地を購入した県外からの移住者に対して100万円を補助します。
    ※「すまいる住まい!若者定住サポート事業」と併用可能です。

  • 新規就農者育成支援事業(賃貸)

    町外から白鷹町に移住して就農される方に対し、賃貸住宅の家賃を助成します(賃貸住宅の年間賃借料の2分の1または36万円のいずれか低い額)。

暮らしの支援

子育て

  • 子育て支援医療制度

    0歳~高校3年生相当年齢までの子どもの医療費が無料です。

  • 保育料支援

    高校3年生以下の子どもが3人以上いる家庭における第3子以降の子どもの保育料が無料です。
    また、同一世帯から2人以上の児童が入所した場合、第2子は半額です。

  • ニコニコマタニティライフ応援事業

    出産及び妊婦健康診査の際に安心して通院し、出産に臨めるよう妊婦さんに3万円支給いたします。

飯豊町

担当:飯豊町総務企画課 特別政策室

TEL:0238-72-2111(代)

仕事の支援

就農

  • 新規就農定着促進事業

    ①家賃補助:賃貸借住宅家賃の月額1/2の額または20,000円のいずれか低い額を上限とし補助金を交付します(3年以内)。②施設等取得補助:園芸ハウス等施設取得費の1%以内で補助金を交付します(3年間)。③農地賃借料補助:年間10aあたりの農地の契約賃借料と飯豊町参考賃借料の差額の1/2又は10,000円のいずれか低い額で当該借入面積の額の補助金を交付します。④農地取得補助:新規に取得する農地の10a当たり価格の1/3または200,000円のいずれか低い額で、農地取得面積の50aまで補助金を交付します。⑤青年組織補助:農業研修等に必要な経費の1/2又は82,000円のいずれか低い額を上限として支給します。⑥農機具等整備補助:30万円未満の農業用機械・設備の1/3以内を上限として支給します。

住まいの支援

物件探し

  • 空き家情報

    中津川地区公民館内「いいもんだ中津川移住者相談窓口」及び同ホームページで空き家を含む移住情報提供や移住相談を実施しています。

  • 空き家バンク

    町内にある空き家の中で、所有者より売却・賃貸の申し出があった物件を紹介しています。

住宅支援

  • 住宅取得奨励(Iターン・Uターン・町内在住)

    Iターンで町内に定住する意思を有する方が、居住を目的として住宅を新築又は購入し、一定の要件に該当する場合、奨励金1,000,000円を交付します。
    また、Uターンで町内に定住する意思を有し、転出から起算して3年を経過した後再転入した方が住宅を新築または購入し、一定の要件に該当する場合、奨励金500,000円を交付します。
    町内に居住し、定住の意思を有する方が、住宅を新築または購入し、一定の要件に該当する場合、奨励金100,000円を交付します。
    住宅を新築する際、町内の建築業者が施工した場合は、さらに奨励金100,000円を交付します。

  • Iターン就農促進支援事業(賃貸)

    新規就農者または就農後3年以内の方で、将来とも飯豊町において中核的農家として期待できる方に対し、賃貸住宅家賃の年間自己負担額の1/2または24万円のいずれか低い額を上限とし(3年以内)支援します。

  • 県産認証材利用助成金交付事業

    構造材の80%以上に県産木材を使用した住宅を、町内に新築される方に150,000円を限度に助成金を交付します。

  • 木材製品利用住宅建築奨励助成金交付事業

    町内の建築業者により町内に新築される住宅で、町県内産木材を全部又は一部使用し、助成金対象経費が300,000円を超えるものであること等の要件を満たすものに、助成金対象経費の1/2の額、 500,000円を限度として交付します。

  • 住宅リフォーム支援事業

    町が定める要件を満たして住宅のリフォーム工事を行う場合や木造住宅の耐震改修を行う場合に工事費を補助します。
    ○リフォーム工事 町内業者施工の場合:工事費の20%(最大400,000円)
    (世帯要件を満たす場合、空き家または県産木材を利用する場合には補助が拡充されます)
    ○耐震改修 工事費の50%(最大800,000円)

  • 木造耐震診断士派遣事業

    地震に対する住宅の安全性の向上を図るため、町が定めた要件を満たす木造住宅の耐震診断を行う場合、経費の90%を補助します。

  • 生活排水個別処理事業(浄化槽水環境保全推進事業)

    水洗トイレや生活排水処理のため200,000円の分担金を納付していただくと町が合併処理浄化槽を設置し、さらに補助金100,000円を交付します。
    なお、設置した浄化槽については、下水道料金を納付していただき町が管理します。(問い合わせ:飯豊町役場 地域整備課上下水道室)

  • 合併処理浄化槽設置整備事業

    生活排水個別処理事業対象地域以外(農業集落排水処理区域)で合併処理浄化槽を設置及び撤去し、一定の要件に該当する場合、下記の額を限度に補助金を交付します。
    ○設置/5人槽:352,000円、7人槽:441,000円、10人槽:588,000円
    ○撤去/300,000円
    (問い合わせ:飯豊町役場 地域整備課上下水道室)

  • 水洗便所等改造資金利子補給事業

    指定融資機関からトイレの水洗化や宅地内排水管工事の改造資金の融資を受けた方に改造資金1,200,000円を限度に、償還期間60月以内で利子補給金を交付します。(問い合わせ:飯豊町役場地域整備課上下水道室)

  • 住宅用太陽光発電システム設置補助事業

    住宅用太陽光発電システムを設置する場合1kwあたり20,000円(上限60,000円)の経費を補助します。
    (問い合わせ:飯豊町役場住民税務課特別政策室)

暮らしの支援

子育て

  • すこやか出産祝

    子どもを出産された場合「出産祝」として、第1子は祝品(商品券)3万円、第2子は祝品(商品券)5万円、第3子以降は祝金17万円を贈呈します。

  • 子育て支援医療

    18歳未満の医療費は全て無料です(所得制限なし、自己負担分全額助成)。入院時の食事負担金も給付します。

  • 保育料支援

    入園児が、同一世帯の18歳までの子から数えて第3子以降の場合、保育料を無料化。保育園への複数人の同時入所の場合、2人目を1/3の額としています。平成28年度から年収360万円未満の世帯は、第2子を半額、第3子以降保育料を無料化し、年収360万円未満のひとり親世帯等については第1子を半額、第2子以降保育料を無料化しています。幼稚園・認定こども園(1号認定)・児童センター保育料も同等です。

  • 幼稚園・認定こども園(1号認定)・児童センター保育料の支援

    入園児が、同一世帯の18歳までの子から数えて第3子以降の場合、保育料を無料にしています。複数人の同時入所の場合、2人目を1/2の額としています。
    また、年収360万円未満の世帯については、第2子の保育料を半額、第3子保育料を無料にしています。さらに、年収360万円未満のひとり親世帯等については、第1子の保育料を3,000円、第2子の保育料を無料にしています。

  • 保育園・認定こども園(乳児部)での産休明け保育

    出産後も仕事を続けたいという女性のために、特にニーズの高い産休明け保育(生後3ヶ月~6ヶ月)を実施しています。

  • 特別保育

    延長保育、預かり保育、一時保育を実施しています。なお、一時保育は、NPO法人「ほっと」に業務委託しています。

  • 保育園・認定こども園(2号・3号認定)での延長保育

    午前7時30分から午後6時45分までの早朝・夕方の延長保育を実施しています。(月額2,000円(おやつ代として))

  • 幼稚園・認定こども園(1号認定)・児童センターでの預かり保育

    午前7時30分から午後6時45分までの早朝・夕方の延長保育を実施しています。(早朝1,000円、夕方5,000円)

  • 放課後児童クラブ

    すべての小学校区の1年生~6年生を対象に、町内2施設(中部学童クラブ・白椿学童クラブ)で実施しています。児童の健全な育成を図るため、授業終了後の遊びと生活の場を月額5,000円の低料金で提供しています。
    平成29年度より、低所得者世帯の利用料を準要保護世帯で1/2の額に、要保護世帯においては無料にします。また、当年度の市町村所得割課税額が57,700円未満の多子世帯で、町内に住所を有する同一世帯の第2子以降の利用料を1/2の額にします。

  • こどもみらい館(併設 子育て支援センター)

    自由来館型児童館を開設し、未就学の子どもと保護者、小学生等の集いと交流の場を提供するとともに、育児相談や情報提供などの子育て支援を実施しています。

  • ファミリー・サポート・センター

    仕事と家庭の両立を応援するため、育児のお手伝いをして欲しい方と、育児のお手伝いをしたい方が会員になり、保育施設までの送迎や預かりなど地域の中で助け合いながら育児への相互援助を行います。

  • 幼稚園等入所児童への給食提供

    町内の手ノ子幼稚園・認定こども園(幼児部)・添川児童センターに、学校給食共同調理場からのおかず給食の配食を実施しています。

  • ブックスタート事業

    4ヶ月健診対象者に絵本等を配布し、絵本を介して親子の触れ合いを高め、赤ちゃんの心と体が豊かに育つことを支援するため、こどもみらい館でブックスタート広場を開設しています。その際に、絵本の読み聞かせ等を行っています。

  • 妊婦健診助成事業

    一般的な検査14回分の費用を1回目10,000円、2回以降は5,000円を限度額として助成します。その他、超音波検査4回分の費用を、あわせてヒトT細胞白血病ウイルス-1型、子宮頚がん検査、クラミジア検査の全額を助成します。

  • インフルエンザ予防接種助成事業

    6か月から中学3年生までの接種費用のうち1回2,500円を上限に2回まで助成します。

  • 幼児歯科健診事業

    1歳~3歳3ヶ月までの幼児を対象に、3ヶ月に1回の幼児歯科健診とフッ素塗布を実施しています。

  • 出産育児一時金給付

    国民健康保険加入者の方に出産育児一時金として420,000円を給付します。(原則として医療機関への直接払いとなります。)

  • 不妊治療費助成事業(子宝支援事業)

    不妊治療(男性不妊治療を含む)に要した医療費の自己負担額の1/2を交付します。対象となる不妊治療が終了した年度から交付し、限度額及び年齢制限はありません。

教育

  • 町営学習教室「いいで希望塾」

    中学生の補充的な学習や発展的な学習機会を設け、学習習慣を身につけることをめざし、町営学習教室を開設しています。

  • 就学援助制度

    経済的理由により就学困難な児童生徒の保護者に就学援助費を支給しています。

  • 奨学資金貸与

    健康にして優秀な学生・生徒で経済的理由により修学困難な者に対し、学資金及び入学一時金の貸与を行います。限度額は以下のとおりです。
    大学30,000円/月・入学一時金300,000円、
    短大25,000円/月・入学一時金300,000円、
    高校20,000円/月・入学一時金100,000円、
    特別な研究修学50,000円/月・入学一時金1,000,000円

  • ことばの教室(通級言語指導教室)

    発音に誤りがあったり、つまったりするなど、ことばの発達に課題や遅れが見られるお子さんに対し、少しでも早く適切な指導を行うため、第一小学校内に「通級制」のことばの教室を設置しています。

  • めざみっ子入学祝

    町内在住の方が小学校及び中学校への入学する際、それぞれ祝品(商品券)10,000円を贈呈します。

その他

  • ときめき結婚祝

    町内在住の方が結婚した場合、一組につき祝品(商品券)30,000円を贈呈します。

  • ほほえみカー(デマンド交通)運行事業

    タクシーの便利さをバス並みの料金で実現するデマンド交通は、予約に合わせ、自宅や外出先まで車が迎えに来て、運行範囲内の行きたいところまで運んでくれる「乗り合いタクシー」方式のサービスです。町内は400円~600円、町外は600~800円の低料金で3路線を運行しています。
    (運行範囲は、町内全域・公立置賜総合病院・長井市内の一部区域です。)

  • 運転免許自主返納支援事業

    交通安全対策の一環として、運転免許証を自主返納した方、又は運転免許証の有効期間満了後に更新しない方に、ほほえみカー(デマンド交通)の乗車券(100円券を120枚)を贈呈します。

  • ごみ減量化・廃棄物再生利用事業

    ごみの減量化を図るため、指定の生ごみ処理容器等の購入費用の一部を助成します。

  • 障がい者(児)地域生活支援事業

    障がい者(児)に対して、デイサービスや日中の一時預かり事業、補装具・日常生活用具の給付事業、移動支援事業などを実施しています。

  • 高齢者インフルエンザ・肺炎球菌予防接種助成事業

    65歳以上の接種者に対して、接種費用の一部(インフルエンザの予防接種2,000円/年、肺炎球菌の予防接種3,000円/一人1回のみ)を助成しています。

庄内エリア

鶴岡市

担当:鶴岡市企画部地域振興課

TEL:0235-25-2111(代)

仕事の支援

就職

  • 鶴岡ワークサポートルーム

    鶴岡ワークサポートルームでは、鶴岡市在住の満35歳以下の若年者及び鶴岡市へのUIターン希望者(年齢不問)と鶴岡市内事業所とのマッチングを行っています。就職支援員が就職に関する相談をお受けして、求人事業所への紹介などを行っています。
    〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25 鶴岡市役所1F
    TEL .(0235)25-2215  FAX .(0235)25-2444

    鶴岡ワークサポートルームのご案内

  • 鶴岡地区雇用対策協議会

    Uターン希望者向けに、市内企業とのマッチング及び情報提供を行っています。
    〒997-8585 山形県鶴岡市馬場町8-13 鶴岡商工会議所内
    TEL.(0235)24-7711 FAX.(0235)24-6171

  • つるおか仕事ナビ

    鶴岡市の企業情報や求人情報、インターンシップ受入状況等を閲覧できるほか、登録者に対して定期的にUIターン就職に役立つ情報をメルマガで配信します。
    〒997-8585 山形県鶴岡市馬場町8-13 鶴岡商工会議所内
    TEL.(0235)24-7711 FAX.(0235)24-6171

  • 公益財団法人 庄内地域産業振興センター

    これから独立・開業しようと考えている方や、起業して間もない経営者をバックアップするため、起業家育成施設の運営、起業家応援セミナーの開催、開業準備の基礎知識から創業後の経営指導まで行うワンストップ相談窓口を設置しています。
    〒997-0015 山形県鶴岡市末広町3-1
    TEL.(0235)23-2200 FAX.(0235)23-3615

  • UIターン促進セミナー・説明会の開催

    鶴岡市では、市内企業が多数参加するセミナーや説明会を市外の都市(東京都、仙台市など)で開催し、UIターン希望者が直接企業の情報を得られる機会を提供しています。
    鶴岡市商工課
    TEL . (0235)25-2111 (内線563、565)
    FAX . (0235)25-7111

  • 鶴岡ナリワイプロジェクト

    好きなこと・得意なこと・役立つことで小さく起業する(=ナリワイ)新しいビジネスモデルづくりを支援しています。
    TEL. 070-1147-4880(平日 10:00~17:00)
    E-mail. nariwaikoubou@gmail.com

就農

  • 農業をはじめる

    農業をはじめるにあたっては、情報収集や就農相談、農業体験等を通じて自身がやりたい農業を具体的にイメージし、研修等を通して技術やノウハウを身につ け、就農に向けた準備を行うことが重要です。鶴岡市では、県や農協等の関係機関と連携し、相談や研修をはじめ、住居・農地・技術・指導者など農業経営に必要な基盤の確保を支援します。
    鶴岡市役所農政課
    TEL. (0235)-25-2111
    E-mail. nousei@city.tsuruoka.yamagata.jp

住まいの支援

物件探し

住宅支援

  • お試し住宅利用補助金

    県外在住の移住希望者(転勤、鶴岡市在住者との結婚、進学を除く)を希望する移住者向けの住宅支援制度です。
    山形県宅地建物取引業協会鶴岡が取り扱う「お試し住宅(一戸建)」の中から、希望する物件を選んでいただき、最長で6箇月間の「定期借家契約」できる住宅となります。契約期間中に自己負担した家賃、契約時の仲介手数料、家賃保証保険料の一部を契約期間終了後に鶴岡市が補助します。

  • お試住宅アパートタイプ

    県外在住の移住希望者(転勤、鶴岡市在住者との結婚、進学を除く)を希望する移住者向けの住宅支援制度です。
    市営住宅の一部を最長1年間お手軽な家賃でお貸しします。生活に最低必要な家電が備え付けられていますので、少ない出費で鶴岡での生活をお試できます。

  • 住宅リフォーム支援事業補助金(購入)

    市内にある自己居住用住宅のリフォーム工事又は耐震改修等の工事を市内業者を利用して行う場合、その経費の一部を助成します。移住世帯の場合や空き家を取得した場合は上乗せ助成しています。

  • 若者世帯新築支援事業補助金(購入)

    若者世帯が住宅を新築する場合、その経費の一部を助成します。また、「移住世帯」かつ「婚姻世帯」または「子育て世帯」のいずれかに該当する場合は加算して助成しています。

  • UIターン就農者支援事業補助金(賃貸)

    住宅家賃支援事業:賃貸住宅等の家賃月額の2分の1又は2万円のいずれか低い額に入居月数を乗じて得た額を助成します。

暮らしの支援

子育て

  • 子育て支援医療

    中学校3年生までのお子様の医療費について、保険診療の自己負担分全額を助成します。

  • 保育料支援

    年度当初で18歳未満の子を3人以上養育している世帯において、第3子以降に係る保育所(公立・私立・認可外)、認定こども園及び幼稚園、地域型保育施設の保育料を市単独で無料化しています。

その他

  • 婚活支援

    鶴岡市では、様々な出会いの機会の創出と、地域社会全体で未婚の男女を後押しする環境づくりを目標に、次の2つの取り組みを柱に婚活支援事業を進めています。
    ・つるおか婚活支援ネットワークの取組みによる婚活イベント等による結婚支援
    ・つるおか世話焼き委員会の仲人事業による結婚支援

酒田市

担当:酒田市地域共生課

TEL:0234-26-5768

仕事の支援

就職

  • UIJターン人材バンク

    ◇市内へのUIJターン就職を希望する求職者と市内企業との雇用の橋渡しを行います。
     ・市ホームページで登録者情報を公開し、求人企業と求職者のマッチングを支援
     ・酒田地区の求人情報や就職に関するイベント情報をメール配信
     ・UIJターン就職を希望する求職者の職歴に応じた求人開拓
     ・個別相談に応じた企業訪問の調整やマッチング支援

    UIJターン人材バンク案内チラシ

住まいの支援

住宅支援

  • 住まい情報の提供

    希望する方に、比較的低家賃で借りられる空き家を紹介します。空き家以外の希望物件も関係団体からのご協力のもと、サポートしていますので、お気軽にご相談ください。(契約等の手続きは専門の業者が仲介します。)

  • 移住定住者住宅支援費補助金

    移住者の方が中古住宅・空き家を購入する費用の10分の1以内で上限25万円、 併せて改修等を行う費用の10分の1以内で上限20万円を支援。 借りる空き家の改修等を行う費用の2分の1以内で上限25万円を支援。中学生以下の児童と生計を同一にする方、又はその予定にある方は上記に加算あり。

  • 住宅リフォーム総合支援事業

    住宅の向上を図るリフォーム工事(部分補強、省エネ、バリアフリー、酒田産木材、克雪、三世代同居)を行う方に、工事費の2割、上限40万円を支援。
    世帯要件にあてはまる場合は、補助率、補助限度額が引き上げられます。

  • 住宅改善支援事業

    持ち家住宅および中心市街地の賃貸住宅の整備または空き家の解体に関する工事費用の借り入れの利子を市が負担します。
    ・貸付額は持ち家住宅および空き家の解体工事の場合、工事費の8割で上限額400万円
    ・賃貸住宅の場合、1戸あたりの工事費の8割で1戸あたりの上限額300万円
    返済期間は5年、7年、および310万円以上10年

その他

  • 移住者交流会

    移住された方々を中心にして「庄内で暮らそう!移住者交流会」組織を立ち上げました。庄内へ移住された方はもちろん移住を希望している方の参加も対象として定期的に交流会を開催しています。

暮らしの支援

子育て

  • 子育て世代包括支援センター「ぎゅっと」

    妊娠から出産、子育てのさまざまな相談の窓口です。母子保健コーディネーター(助産師・保健師・看護師)がママとご家族の子育てを応援します。また、妊娠中に赤ちゃんと子育てを応援する「さかたすくすくベビーギフト」をお贈りしています。

    「ぎゅっと」紹介チラシ

  • 誕生記念お祝い品

    誕生された方へお祝いの記念品の贈呈を行っています。

  • ブックスタート

    3ヶ月児健康診査時に、絵本の読み聞かせを行い、その際6種類の絵本の中から2冊を選んでもらい、プレゼントしています。

  • 子育て支援医療

    0歳児~中学校3年生までの医療費の自己負担額(所得制限なし)を助成します。

  • 保育料支援

    保育が必要なお子さんの保育料は、小学校6年生までの兄・姉を1人目と数え、2人目の保育料を1/3、3人目以降を無料とします。幼稚園の保育料も、兄・姉の範囲を小学校6年生までとして、就園奨励費を助成します。

  • ファミリー・サポート・センター

    育児の援助を受けたい人と育児に協力する人が会員となり、地域ぐるみで子育てを支援する会員組織です。
    ◇こんなときにお子さんをお預かりします
    ・子育て中の手助け
    ・保育園や幼稚園の保育時間の前後
    ・保育施設までの送迎
    ・お子さんが軽い病気のときに臨時的に終日  など

  • 学童保育

    児童の健全育成を目的として、小学校の放課後、夏・冬休みに遊びや生活の場所として23学童保育所を開設しています。

  • 交流ひろば

    乳幼児から小学生まで対象とし、大型遊具などのあるサロン1と乳幼児を対象とする畳敷のサロン2があり、子育て相談や親子の遊び場として利用されています。また、国際交流サロンやボランティアセンターなどがあり、高齢者、外国出身の方など幅広く自由に集い、交流できる場所です。イベント開催なども行っています。

  • 子育て支援センター

    保育園に併設された子育て支援センターが5か所あります。子育て相談ができ、子育て世代の憩いの場、保育園との交流の場場として利用されています。

  • チャイルドシート・ベビーシート無償貸出

    ベビーシートは生後6カ月以下のお子さん、チャイルドシートは4歳以下のお子さんを対象に最長3カ月までを限度として無償貸出を行っています。

ひとり親家庭

  • ひとり親支援医療費助成

    ひとり親家庭等医療は、母子家庭、父子家庭等の方が、医療機関で診療を受けた際に、自己負担(保険診療分)が無料になる制度です。
    ※細かい条件があります。詳しくはHPにてご確認ください。

  • ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金

    事前に指定を受けた教育訓練講座を受講し、修了したひとり親家庭の父又は母に受講費用の60%(上限20万円)を助成しています。

  • ひとり親家庭高等職業訓練促進給付

    資格取得のために、看護学校や保育士、養成学校などに通う場合、育児と修業の両立が困難なひとり親家庭の父又は母の生活費の一部として給付金を支給しています。

  • ひとり親家庭生活応援給付金

    高等職業訓練促進給付金の給付を受ける方に、生活の負担軽減を目的とした給付金を支給しています。

教育

  • 学校

    小学校や中学校の一覧などが掲載されています。

  • 就学援助・奨学金

    就学援助や奨学金に関する情報が掲載されています。

三川町

担当:三川町企画調整課

TEL:0235-35-7013

住まいの支援

住宅支援

  • 住宅取得支援事業

    三川町内に定住を目的として住宅を取得する方に対し、費用の一部を補助します。また、町内業者と契約して住宅を取得する場合、加算して助成します。

  • 移住定住促進事業

    三川町内に移住定住することを目的として住宅を建設または取得する方に対し、費用の一部を補助します。また取得する住宅に居住する世帯主が、昭和57年4月1日以降に出生した方の場合、加算して補助します。
    ※住宅取得支援事業と同時申請が可能です。

  • 住宅リフォーム支援事業

    安全で良質な居住空間を形成するため、住宅のリフォーム等工事を行う方に工事費の一部を補助します。

  • 住宅用太陽光発電システム設置補助金

    自ら居住し、若しくは居住する予定である町内の住宅等に太陽光発電システムを設置する場合、その費用の一部を補助します。

  • 木造住宅耐震改修事業

    個人の木造住宅の耐震改修に要する費用(耐震診断の費用を含む)の一部を補助します。ただし、耐震改修工事の前に耐震診断を実施し、耐震改修が必要と判断されたものであること。

暮らしの支援

子育て

  • 出産祝金

    出産祝金を支給しています。

  • 子育て支援医療制度

    0歳~中学生までの医療費が無料です。

  • 保育料支援

    同一世帯から2人以上入園している場合は、幼稚園保育料が2人目の児童は半額、3人目以降の児童は無料です。

庄内町

担当:庄内町情報発信課

TEL:0234-42-0162

仕事の支援

就職

  • 雇用相談・内職相談(在宅ワーク等相談)

    ハローワークと連携し、求人情報等をもとに、専門員(雇用産業活性化支援員)が雇用や内職相談(在宅ワーク等相談)に応じますので、お気軽にご相談ください。

その他

  • 起業家応援補助金

    庄内町における新たな事業創出を促進するため、意欲をもってチャレンジする起業家に対し、次のいずれかの支援を行います。
    (1)山形県商工業振興資金の「開業支援資金」又は日本政策金融公庫の「新規開業資金」若しくは「女性/若者/シニア起業家資金」を利用される方に対して、借り入れから3ヶ年分の利子相当額の1/2以内の額(補助上限額100万円)
    (2)空き店舗等の借家を改装して起業する方に対して、内装工事等の経費1/2以内の額(補助上限額100万円)

住まいの支援

物件探し

  • 空き家情報の提供

    「月刊庄内不動産情報(山形県宅地建物取引業協会発行)」に掲載されている物件についての情報提供を行っています。

住宅支援

その他

  • 現地案内等

    空き家情報活用システム(空き家バンク)に利用登録していただいた方に対して、空き家の現地紹介に加えて、必要に応じて、町内の施設案内等を行っています。

  • 移住新生活支援事業補助金

    町外に居住している方が町内の賃貸住宅へ移住する際の新生活を支援し、町外から移住を促進し、活力に満ちた地域づくりを促進するため、新規に移住した世帯に対し、補助金を交付します。

    移住新生活支援事業補助金チラシ

  • 結婚新生活支援事業費補助金

    本町における婚姻に伴う新生活を経済的に支援し、地域における人口減少や少子化対策の強化を図るため、住宅の賃借や引越費用に対し、補助金を交付します。

    結婚新生活支援事業費補助金チラシ

暮らしの支援

子育て

  • ひまわりっ子誕生祝金

    第3子以降のお子さんが誕生された方に町から、第3子は10万円、第4子は20万円、第5子以降は30万円の祝金を支給します。

  • 子育て支援医療

    0歳~中学3年生まで保険適用の医療費が無料です。

  • 入学記念品贈呈

    小学校入学時にランドセル・黄色い帽子を贈呈、中学校入学時に通学用カバンを贈呈します。

  • 保育料支援

    2人目以降は半額、18歳未満の児童が3人以上いる場合3人目以降無料になります。
    幼稚園(4・5歳児)では、父母の市町村税の所得割額によって、保育料の軽減措置があります。

  • 子育て支援センター

    町内に2ヶ所の子育て支援センターを設け、遊びの場の提供や子育ての相談に対応しています。

ひとり親家庭

  • ひとり親家庭等医療費支援

    18歳以下の子を扶養しているひとり親及びひとり親に扶養されている18歳以下の子又は両親のいない18歳以下の子の保険適用の医療費が無料です。但し、子を扶養している者に所得税が課せられていない場合に限ります。

  • 子育て応援事業

    本町独自の子ども支援手当として、ひとり親の場合10,000円、両親がいない場合年額30000円分の商品券を、中学生以下の養育者に支給します。

教育

  • 育英資金貸付

    学資支弁が困難と認められる学生・生徒を対象として、在学中に育英資金を無利子で貸付します。大学、専修学校に入学する場合、月額貸付とは別に一時金として50万円以内の貸付をします。

遊佐町

担当:遊佐町企画課定住促進係

TEL:0234-28-8257

仕事の支援

就職

  • 面接時の交通費助成

    遊佐町含む庄内北部定住自立圏域内(遊佐町・酒田市・庄内町・三川町)での就職相談会や面接等に参加する際の交通費を補助します!

    対象:IJUターン希望者(※新卒者除く)
    内容:・圏域内で公的機関が実施する庄内就職ガイダンス等
       ・上記圏域の事業所が独自に行う面接等
    給付額:鉄道賃、航空賃、高速バス料金の1/2
    (※一人2回まで、上限10,000円、町内事業所は上限20,000円)
    問合せ:産業課産業創造係(0234-72-4522)

  • IJUターン定着激励金

    遊佐町にIJUターンしてきた方が、転入前後6ヵ月以内に庄内北部定住自立圏域内(遊佐町・酒田市・庄内町・三川町)の事業所に正規雇用された場合に激励金を給付します!

    対象:IJUターン就職者(※新卒者除く)
    給付額:一人当たり10万円(就職時年齢が40歳未満)
    (※ 家族で転入した場合1世帯の限度額30万円)
    問合せ:産業課産業創造係(0234-72-4522)

就農

  • 遊佐町チャレンジファーム農業研修生

    農業を始めたい、試してみたいけれど、どう始めていいかわからない。
    そんな方の農業を始めるキッカケを作りたいとの思いで”遊佐町チャレンジファーム事業”を始めました!

    遊佐町の優れた農業経営者のもとで、農産物の栽培はもちろん、販売や経営に関する総合的な指導を受けることができます。
    また、新規就農予定者が受給できる青年就農給付金と合わせて、研修期間中の生活や住まいを遊佐町が全力でサポートします。
    まずは試してみたい方、将来は農家として独立したい方のチャレンジをオール遊佐で応援します。
    問合せ:産業課農業振興係(0234-72-5882)

    遊佐町チャレンジファーム概要

住まいの支援

物件探し

  • 遊佐町空き家バンク

    遊佐町IJUターン促進協議会ホームページで空き家情報を公開中。売買/賃貸物件の写真や間取り、ライフラインなどの情報を掲載しています。

住宅支援

その他

  • お試し体験住宅

    遊佐町の生活を体験したり、空き家探しのために利用できるお試し体験住宅2棟をご用意しています。利用料は無料(灯油代は自己負担)、2泊~7泊まで利用可能です。

  • 子育て世帯移住奨励金

    移住者であって、0歳~義務教育課程までの子どもを養育する方からなる世帯で、移住の日から5年以上継続して居住する方に奨励金を交付します。

  • 集落支援員

    移住を希望する方への空き家案内、地域自治会(集落)との調整を担っています。移住前の相談から、定住後のフォローまで、きめの細かい支援を行っています。

  • NPO法人いなか暮らし遊佐応援団

    集落支援員と連携し、移住を希望する方が必要な定住施策、遊佐町の生活などに関し、一本化した窓口を受託しています。必要とする情報先を案内しています。

暮らしの支援

子育て

  • ゆざっ子誕生祝金

    第1子・第2子5万円、第3子以降10万円を支給します。

  • 子育て支援医療証

    0歳~18歳までのお子様の医療費について、扶養者の所得等に関係なく一部負担金無で受診が可能です。ただし、保険適用以外は自己負担になります(入院時食事代等)。

  • ゆざっ子エンゼルサポート

    保育料の補助として、3歳児以上の保育料を所得に応じて「0円か5,000円」、幼稚園利用児童の保育料を「実質0円」、一定所得以下の世帯には給食費を補助、同一保護者の18歳以下、第3子以降の保育料を「0円」にします。

  • 子育て世帯移住奨励金

    遊佐町外からの移住者で、0歳~義務教育課程までの子どもを養育する世帯に、子ども一人当たり12万円/年(3年)を交付します

  • ベビー・チャイルドシートレンタル

    6歳未満の乳幼児のいるご家庭に、無料で最長6ヶ月の間、ベビーシート・チャイルドシートを貸し出ます。

  • 子どもセンター「わくわく未来館 」

    雨の日や雪の日でも、遊具で思いっきり遊ぶことができる場です。子育て支援センター・一時預かり・放課後児童クラブを併設。

  • すくすくゆざっ子支援金

    0歳から3歳に到達する年度末までの子どもの保護者に子ども1人当たり10,000円/月を支給します。

ひとり親家庭

  •  ひとり親家庭等家賃助成

    ひとり親家庭において児童と同居し、養育している方の家賃月額の1/4(上限10,000円)を助成。※要件あり

教育

  • 遊佐高校就学支援事業

    山形県立遊佐高等学校の生徒の皆さんを対象に、就学支援金(入学時)や介護職員初任者研修受講支援金、キャリアアップ(運転免許取得)支援金の給付など様々な支援事業を行っています。

その他

  • 遊佐町少年議会

    遊佐町内在住・在学の中高生から自らの手で若者視点のまちづくりを行う事業。町のイメージキャラクタ-「米~ちゃん」も少年議会から生まれた。若者の望むイベント等を企画し、自分たちで開催している。平成29年度で15期目。

ページトップへ

ページトップへ